季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
天下一の弓使い

天下一の弓使い

作: 松本猛
絵: 武建華
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2005年04月
ISBN: 9784097272397

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

中国少数民族に伝わる物語が美しい絵本に!
絵本『舌ながばあさん』で講談社絵本賞を受賞した中国の絵本作家武建華さんの新作絵本。お姫様の結婚相手となる、国いちばんの弓使いを決めるユーモラスな物語で、緻密な彩色が美しい民族衣装も見事です。

ベストレビュー

ちひろ美術館所蔵の絵

中国・韓国絵本は近い国のお話だけに必ず読んでみることにしています。

今回表紙を見て気になったのは、松本猛さん。

松本さんといえば、いわさきちひろさんのご子息で、ちひろ美術館の館長でもありと、不思議だったのですが、ちひろ美術館所蔵の絵ということで納得しました。

最初の方でシャオチェントウのエピソードが出てくるので、こちらが主人公かと思い、主人公にしては小賢しい小細工をするのであれ?と思っていました。

どんでん返しもあり、途中で息子とまた「あれ?」と言葉を交わす場面もあり、ストーリー的には楽しめました。

人物が三頭身で、顔の色が銅が腐食した時にできるような緑色なのがとても印象に残りました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松本 猛さんのその他の作品

海底電車 / 絵本と社会 / ふくしまからきた子 そつぎょう / りんご畑の12か月 / 白い馬 / ふくしまからきた子

武建華さんのその他の作品

舌ながばあさん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > 天下一の弓使い

4月の新刊&オススメ絵本情報

天下一の弓使い

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット