宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
くいしんぼさんのうた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くいしんぼさんのうた

  • 絵本
作: まど・みちお
絵: 馬場 のぼる
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2004年05月
ISBN: 9784494002573

4・5歳〜
B5変型判・19.6×20.8cm・28頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

まど・みちおの詩と、馬場のぼるのゆかいな絵で、世界中のくいしんぼさんにおくる詩の絵本。

ベストレビュー

太陽の下で読んでいるみたい

 「ぞうさん」で有名なまどみちおさんの詩に、「11ぴきのねこ」シリーズで有名な馬場のぼるさんの絵。この二人のコラボ、面白くないはずがない。

 最初この絵本との出会いは、姪っ子が何気なく図書館から持ってきました。そして家にかえって私が最初読んであげていたのですが、「また読んで〜」、「もう遅いからだめ〜」というと「それじゃあわたしが読む」と自分で読み始めました。しばらくすると「あーちゃんいっしょによもっ」(姪っ子は私のことをあーちゃんと呼びます)と絵本をぐいっと差し出して、姪と叔母は1ページごとに交互に読んで楽しみました。

 詩の内容も子どもにじんわりとわかりやすく、絵も春の太陽の下で呼んでいるような感じで暖かく、安心して読めました。
(doruさん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本
  • はんぶん タヌキ
    はんぶん タヌキ
    作:長 新太 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これからタヌキが化けますよ! 予告するのはいいけれど、半分どころかほとんど化け残るタヌキのお話

まど・みちおさんのその他の作品

てんぷらぴりぴり  / まど・みちお詩集 ぞうさん / くまさん / ぞうさん / まどさんからの手紙 こどもたちへ / 大震災 日本列島が揺れた

馬場 のぼるさんのその他の作品

11ぴきのねこすごろく / 馬場のぼる作品集 絵本のしごと 漫画のしごと / 馬場のぼる ねこと漫画と故郷と / くまのまあすけ / まあすけのぼうし / たらふくまんま



「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズ監修・釈徹宗さんインタビュー<br>

くいしんぼさんのうた

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.27

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット