虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ふくろうのオカリナ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふくろうのオカリナ

  • 絵本
文: 蜂飼 耳
絵: 竹上 妙
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年06月18日
ISBN: 9784652202616

幼児・小学生〜一般
270×210/40ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

野原にぽつんと灯りがともっているのは、夜の駅。最終列車は通り過ぎたのだけれど、駅員さんのふくろうがそこに住んでいるのです。ところが…

「ん?」

こんな時間に来るはずのない列車の音がする。慌てて外へ飛び出すと、列車がとまり、こぼれ落ちるように降りてきたのは、さっき生まれたばかりだという一羽のひよこ。そのひよこが言うのです。

「ぼく、朝をさがしにいこうと思って」

こうして、ふくろうの駅の不思議な一夜の話が始まります。

不安になってしくしく泣きだすひよこのために、ふくろうはタンスの奥からオカリナを出して吹いて聞かせます。そのオカリナは、ふくろうの家に代々伝わる特別なオカリナで、月にいる「うさまる」を呼び出すこともできるのです。空の月に一つだけある窓が、がたがた震えたかと思うと、そこから顔を出したのは…?

この上なく純粋で、一途な気持ちを背負って現れたひよこ。その小さな輝きに誘われるように、ふくろう自身も色々なことを思い出していき、その思いは月の上にまで届き。幻想的だけれども、その繊細に流れる時間はどこまでも優しくて居心地が良いのです。

この美しい夜の絵本を生み出したのは、詩人で作家の蜂飼耳さんと版画家で画家の竹上妙さん。どこを読んでも情景や色が浮かんでくる文章に、緊張感をもったきらめきで動物たちの表情を印象を力強く描き出す絵。この上ない贅沢な組み合わせによる味わいは、いつまでも忘れることがなさそうです。

そして、最後にやって来るのはいつだってまぶしい光を放つ朝。子どもたちの心にも響いていくのでしょうね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

野原にぽつんと立つちいさな駅。ある月夜、来るはずのない列車が到着して一羽のひよこが降りてきました。朝をさがしに来たというのです。駅員のふくろうは、ひよこにオカリナを吹いて聞かせます。それは、ふくろうの家に伝わる特別なオカリナで、その音に、月から「うさまる」も降りてきます……。真夜中のふしぎな時間は過ぎ、やがて朝が……。
詩人の静かなことばと、いのちの一瞬を見つめる力強い絵の初のコラボレーション。

ベストレビュー

オカリナの音色が聞こえてくるようです

ふくろうが駅員を務める不思議な駅、朝を見たいとやって来たひよこ、月からうさぎも降りてきたりして、幻想的なお話です。
先祖から伝わるという曲をふくろうが吹くと、お話が広がっていきます。
吹ける曲が減ってきたふくろうさんの精いっぱいの活躍です。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


蜂飼 耳さんのその他の作品

きのうをみつけたい! / ちょっぴりおかしなどうぶつえん / みつばちさんと花のたね / キツネとぶどう / アリとキリギリス / ずるいコウモリ



とっておきの場所をとられちゃったククー、さあどうする…?!

ふくろうのオカリナ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット