新刊
魔女からの手紙

魔女からの手紙(ポプラ社)

カスレちゃんという魔女にとどいた20人の魔女からの手紙。著名な画家陣が魔女のイメージで描いた絵に角野栄子が手紙文をつけた注目の絵本。

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

はぐれくん、おおきなマルにであう

はぐれくん、おおきなマルにであう

  • 絵本
著: シェル・シルヴァスタイン
訳: 村上 春樹
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年11月11日
ISBN: 9784751529577

小学校中学年~
222mm×184mm 104ページ

出版社からの紹介

シルヴァスタインの名作絵本『ぼくを探しに』(講談社刊)の続編、
『ビッグ・オーとの出会い』が、村上春樹の新訳で再刊!

「大きなマル」に出会った「はぐれくん」に小さな変化が……。
アメリカで40年以上愛され続けるロングセラー絵本。

―――どちらのお話にも共通しているのは、
「自分はじゅうぶんではない」と主人公たちが考えていることです。
マルくんは「自分には大事な一部が欠けている」と感じているし、
はぐれくんは「自分はもっと大きな何かに含まれるべきだ」と感じています。
そして一緒になるべき相手を見つけようと、どちらも懸命に努力します。
でもなかなかうまく相手が見つかりません。
やっと正しい相手が見つかったと思っても、いろいろあって結局うまくいきません。
その努力をいわゆる「自分探し」ととらえることもできるでしょうし、
自分を正しく理解し、受け入れてくれる他者の探索、ととらえることもできるでしょう。
でもいずれにせよ、そういう相手は簡単には見つからないものです。
僕らの人生においても、だいたい同じようなことが言えますよね。―――
(村上春樹あとがきより)

ベストレビュー

はぐれくんの成長

自分探しというか、自分を見つめる作品を描いているシルヴァスタインですが、この絵本の展開は読めませんでした。
本体(?)からはぐれてしまったかけらくんは、自分にピッタリの本体を探し続けるのですが、どうも上手くいきません。
そんな時に出会った大きなマルが、大きなヒントをくれました。
自分探しも自分の成長で見つけることができるのです。
はぐれくん、これからの成長が楽しみです。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


シェル・シルヴァスタインさんのその他の作品

めっけもののサイ / おおきな木 / コノヒトタチつっつくべからず / 天に落ちる / 人間になりかけたライオン / ゆかいないっぴきはん

村上 春樹さんのその他の作品

村上T 僕の愛したTシャツたち / その日の後刻に / 猫を棄てる 父親について語るとき / 水底【みなそこ】の女 / ジュマンジ / みみずくは黄昏に飛びたつ 川上未映子 訊く/村上春樹 語る


絵本ナビホーム > 一般 > 絵本 > 外国文学小説 > はぐれくん、おおきなマルにであう

 【連載】10月の注目の新刊&オススメ絵本紹介

はぐれくん、おおきなマルにであう

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット