新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

こうまのマハバット

こうまのマハバット

  • 絵本
作: 市川 里美
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年06月30日
ISBN: 9784776409694

271mm×220mm 32ページ


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

世界を旅する絵本作家・市川里美さんが中央ユーラシアの内陸国、キルギスを描いた愛らしい絵本。
キルギスの村に住む少女・ジャミーラが、山の祖父母と過ごすひと夏のおはなしです。

馬に乗って迎えに来てくれたおじいちゃんと一緒に、ジャミーラは山の大草原へやってきました。
雪におおわれた山並みと、遊牧民のテントとたくさんの馬たちが見えます。
テントの中ではおばあちゃんが料理の最中。
おばあちゃんから「ちいクロが帰ってこない」と聞いたおじいちゃんはすぐに飛び出していきます。

「ちいクロ」と呼ばれるその子馬は、ジャミーラを迎えに来た白馬の子で、足をケガしていました。
山に着いた翌朝から、ジャミーラは子馬の世話をしながら、もっとぴったりの名前はないかと考えます。
そして……「おまえをマハバットってよぶことにしよう! キルギスの言葉で『愛』といういみよ」と言うのでした。

キルギスの広々とした草原。
テントの中で味わうひつじのスープやパン。
しぼりたてであたたかい馬のミルク。
雪山から流れてくる冷たい水や、太陽のまぶしさ。
キルギスのおおらかな自然とひとびとの暮らしがつたわってきます。

ケガをした子馬と一緒に歩く練習をし、一緒に横になって休むジャミーラの姿が微笑ましい。
子馬のぬくもりに、小さな体いっぱいで寄り添う少女の喜びが伝わってきます。
見返しに描かれた可憐な草花にも、キルギスの夏の草原をたずねたくなります。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

ジャミーラはキルギスの村にすむ少女。夏におじいちゃんたちとすごすため、山へやってきました。そこで足にけがをしたこうまと出会い、キルギス語で「愛」という意味の「マハバット」と名付け、キズの手当てや歩く練習など、一生懸命こうまの世話をつづけます。

ベストレビュー

キルギスの草原でのひと夏

キルギスの少女ジャミーラが、山に住む祖父母宅で過ごしたひと夏の様子を描いてあります。
放牧民のテントでの生活も興味深いですが、
メインは、黒い子馬との出会いです。
けがをしていたので、おじいちゃんを手伝いながら、ジャミーラも一生懸命世話するのです。
キルギスの言葉で「愛」という「マハバット」という名前を付けるなど、
ジャミーラの愛情が伝わってきます。
もちろん、マハバットは無事回復しますが、そこまでのジャミーラの献身あってのこと。
すごい、すごい。
だからこそ、ジャミーラが帰る際も、絆があるので、しんみり、ではないのです。
この絆、愛おしいです。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
    出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

市川 里美さんのその他の作品

しっかりママにつかまって! ボルネオ島のおはなし / カイマンのダンス アマゾンのおはなし / メリークリスマス-世界の子どものクリスマス- / ぼくの島にようこそ! / マンモスのみずあび / なつめやしのおむこさん



みんなで参加しよう!えほん祭

こうまのマハバット

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット