季節
ゆき ふふふ

ゆき ふふふ(くもん出版)

真っ白な美しい世界を体で感じ、おもいっきり雪あそびをしたくなる絵本です。

  • かわいい
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ピーターの浜べ

ピーターの浜べ

作: サリー・グリンドレー
絵: マイケル・フォアマン
訳: 川島亜紗
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1997年11月
ISBN: 9784566003828

24.2X28.4cm/32ページ

出版社からの紹介

ピーターの好きな“浜べ”。そこは海鳥やアザラシたちのゆたかな命でみちている。ところがある夜、沖をいくタンカーが岩に乗り上げてまっぷたつになり、黒い油が流れ出した。それはピーターの浜べにもおしよせてきて、海鳥たちは…。自然をまもり生きることの大切さを伝える。

ベストレビュー

大事なメッセージ

ナビでのレビィーを見て読んでみたくなりました
美しい海が、タンカーの座礁によって流出した重油で汚染されていく様子は、心が痛む思いでページをめくりました
実際にテレビの映像で何度が見た記憶をたどりました
重油まみれになった海鳥を洗うボランティア、沖まで広がる黒い海・・・
絵本の中では決して批判はしていませんが、自然を守ることの大切さや大変さが伝わってきます
綺麗になったはずの浜辺でくつろぐピーターの指先と岩のふもとにじゃっかん黒く残る部分が悲しいです
一度壊された自然はなかなか元には戻らないのだと知らされます
大事なメッセージが読んだ人に伝わることを祈ります
(風の秋桜さん 40代・その他の方 男の子、男の子)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どーこかな?
    どーこかな?の試し読みができます!
    どーこかな?
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    お顔の中のあてっこ遊び おめめは どーこ? ここよ ここよ ぱちくるりん 親子の触れ合いを楽しむあか

サリー・グリンドレーさんのその他の作品

とんとんとん! とを たたくのは だあれ? / 北のこぐまたち / あかちゃんゾウのカミナリぼうや

マイケル・フォアマンさんのその他の作品

ヒナゲシの野原で 戦火をくぐりぬけたある家族の物語 / 弱小FCのきせき / 走れ、風のように / 時をつなぐおもちゃの犬 / どうぶつ どうして どんどんどんと / モーツァルトはおことわり



2022年1月の新刊&おすすめ絵本

ピーターの浜べ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット