貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
イップとヤネケ シンタクラースがやってくる!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

イップとヤネケ シンタクラースがやってくる!

  • 児童書
作: アニー・M.G.シュミット
絵: フィープ・ヴェステンドルプ
訳: 西村 由美
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「イップとヤネケ シンタクラースがやってくる!」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年11月09日
ISBN: 9784001156492

小学1.2年から
A5判・上製・48頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

シンタクラースは,白馬に乗り,お供の黒いピートをつれて,12月に子どもたちのもとへやってきます.おとなりどうし,大の仲よしのイップとヤネケが,シンタクラースのプレゼントを心待ちに過ごす日々を描きます.サンタクロースと似ているけれどちがう,オランダの冬の行事をめぐる10のお話.

ベストレビュー

オランダのシンタクラース

シンタクラースという言葉を、この本で初めて知りました。
オランダでの習慣も、細かく書かれていましたね。
私達の知らない12月の過ごしかたで、興味深かったです。
短編集なので、読みやすいですね。
挿し絵も、かわいかったです。
(なしなしなしさん 30代・ママ 女の子8歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

アニー・M.G.シュミットさんのその他の作品

パン屋のこびととハリネズミ ふしぎな11のおとぎ話 / 岩波少年文庫 アーベルチェとふたりのラウラ / 岩波少年文庫 アーベルチェの冒険 / イップとヤネケ

フィープ・ヴェステンドルプさんのその他の作品

ピムとポム しんぶんにのりたい / ねこのえんそうかい / ピムとポム ふたごがきた

西村 由美さんのその他の作品

犬とおばあさんのちえくらべ 動物たちの9つのお話 / 踊る光 / 15の夏を抱きしめて / 岩波少年文庫 七つのわかれ道の秘密 上 / 岩波少年文庫 七つのわかれ道の秘密 下 / オオカミ少年ドルフィ オオカミ人間のひみつ1



『ペネロペのおうち』編集者 増井麻美さん インタビュー!

イップとヤネケ シンタクラースがやってくる!

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット