新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
たべもののまちABCity

たべもののまちABCity(小学館集英社プロダクション)

A〜Zのたべものでできた世界で一番おいしそうな街。おいしくてかわいい、ふしぎな街を一緒に探検しよう!

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
ぼくのパンツがぬすまれた!

ぼくのパンツがぬすまれた!

作・絵: アラン・メッツ
訳: 石津 ちひろ
出版社: 長崎出版

税込価格: ¥1,540

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2006年06月
ISBN: 9784860951146

みどころ

 「はなくそ」というインパクトある題名で話題騒然!?の作者の新作。今度のテーマはパンツ。期待が高まります。
おおかみくんはかわいいこひつじを見つけて大喜び。次の日遊びに来る彼女にも一緒にご馳走しようとこひつじを一晩檻に閉じ込めておきます。
さぁ大変なのはこひつじちゃん。考えたあげく、まず寝ているおおかみくんのあかいパンツをむしゃむしゃむしゃ。朝起きたおおかみくんはデートに出掛けるための赤いパンツがなくなっていてびっくり!そしてこひつじちゃんがおおかみにかけた言葉は・・・どんな作戦なのでしょう?
 おおかみがひつじを食べようとするシュールな内容なのに笑ってしまうのは、そのあっけらかんとした登場人物達の表情。弱い立場のはずのこひつじのおおかみを騙そうと企む時の顔は頼もしい程です(笑)。反対に怖いはずのおおかみの脳天気な顔。最後はこひつじと一緒になって「いひひ」と笑いたくなりますが、真剣に悩むおおかみも可愛くてどちらも憎めないのがこの話の魅力でしょうか。ハッピーエンドとしておきましょう。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

お気に入りの赤いパンツをはいて、オオカミくんは今日もおでかけ。「おや、おいしそうなこひつじがいるぞ!」かわいそうなこひつじは捕まって、檻にとじこめられてしまいます。早くここから逃げ出さなくっちゃ!

ベストレビュー

そうきたか!って感じ。

おおかみが、かわいい子ヒツジ(子ヤギじゃなく)をつかまえて、明日来る彼女と一緒に食べようとウキウキで眠っている間に、こひつじちゃんは、おおかみのいっちょうらの赤いパンツをムシャムシャ食べてしまいます。
起きてびっくり!どうしよう!裸じゃ会えないよ!で、なんとこひつじちゃんは自分を助ける代わりに、自前の毛糸でパンツを編みます(笑)

こひつじちゃんを食べる・・・でちょっと顔が曇った息子は大笑いでした。
おおかみも、なんだか間抜けな明るい表情だし、こひつじちゃんがパンツを食べてる表情も、悪だくみというか、暗さがなくて読みやすい絵本でした。

まさか編むとは・・・と、意外な展開が良かったです。
今夜、4歳の次男にも読んであげよっと。
(ゆっきんぐさん 30代・ママ 男の子6歳、男の子4歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,485円
715円
935円
1,602円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

2,200円
495円
1,848円
5,390円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

ぼくのパンツがぬすまれた!

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.06

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら