新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ
おじいさんのランプ

おじいさんのランプ

  • 児童書
作: 新美 南吉
絵: 篠崎 三朗
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2004年06月07日
ISBN: 9784338200066

出版社のおすすめ年齢:中学年〜
A5判/157

出版社からの紹介

牛をつないだ椿の木/うた時計/最後の胡弓ひき/おじいさんのランプ 〈解説〉新美南吉記念館学芸員 遠山光嗣・田舎道の文学に託したもの

ベストレビュー

新美南吉さんの童話を読んで優しい気持ちになれます

牛をつないだ 椿の木
うた時計
最後の鼓弓ひき
おじいさんのランプ
四つのおはなしです

一つめは 人の良い人力車引きの海蔵さんが みんながのどを潤すためにお金を貯めて井戸を掘った話   ところが 日露戦争で 海蔵さんは帰らぬ人となりました

最後の鼓弓ひきは涙の出るような話です。
木之助さんの鼓弓への愛情 熱心に鼓弓を学び人々に美しい音色を届けていたこと。
年取っても最後まで 鼓弓を愛したこと  でも ラストがかわいそうでこんなに鼓弓を愛していたのに  古物屋に 30銭でうってしまうのです

はたと気がついて取り戻そうとしたら・・・60銭と言われてかわいそうに思えました

おじいさんのランプはランプが大好きな 巳之助さんが文明開化でランプから電気にかわりランプをいっぱい つるして 喜んでいる姿に共感しました
時代は 明治時代のお話ですが なんだか 人間の生き方を学び 人は 現代に生きていても 誠実に生きていくことが大事だと思えるのです
新美南吉さんから 学びます!
是非皆さんも読んでみてください!
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

990円
1,430円
1,430円
1,175円
990円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,870円
550円
385円
275円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

おじいさんのランプ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら