新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

新刊
うまうま あーん!

うまうま あーん!(評論社)

食べることがきっと楽しくなる!

  • かわいい
  • 盛り上がる
あらかわ・すみだがわ

あらかわ・すみだがわ

  • 絵本
作: 村松 昭
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2016年07月06日
ISBN: 9784034377703

出版社のおすすめ年齢:低学年〜
32ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

続きを読む

出版社からの紹介

日本中の川を描いてきた鳥瞰絵地図師・村松昭の「日本の川」シリーズの最新刊。秩父の山奥から流れ出し、埼玉県と東京都を抜けて、東京湾に注ぐ全長173kmの荒川。この川は、とちゅうで隅田川と荒川本流にわかれます。明治時代から昭和にかけて。下流にあらたに荒川本流を掘りぬいたことで、荒川と隅田川の2本の川となったのです。鉱山があり、化石もたくさん見つかる上流部から、人びとが川とたたかいながらもめぐみを受けてきた中流部を抜けて、大都市・東京の海に出るこの川を、奥秩父の神さまとお使いの女の子が雲に乗って案内します。

ベストレビュー

荒川の意味

「日本の川」シリーズ。
関西人の私にとってはあまり馴染みがないと思いきや、
スカイツリーや、断片的に知っている関東の地名が端々にあり、
位置として確認できたのは収穫です。
秩父の山の神とお使いの女の子がナビゲート。
こんな山奥からスタートというのも興味深いです。
それだけに、荒川の意味も実感。
それほどの暴れ川だったという事ですね。
古来からの歴史も育み、一気に大都会へ。
隅田川も含めて紹介する意味合いにも納得。
やはり、俯瞰図で一目瞭然がいい塩梅です。
(レイラさん 50代・ママ 男の子29歳、男の子27歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
1,540円
1,650円
990円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,650円
3,795円
385円
385円

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

あらかわ・すみだがわ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら