話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

あたしが乗った列車は進む

あたしが乗った列車は進む

  • 児童書
作: ポール・モーシャー
訳: 代田 亜香子
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2018年06月
ISBN: 9784790233428

出版社のおすすめ年齢:高学年〜
四六判変型 縦18.8×横13.0cm(表紙縦19.4×横13.6cm)、254ページ

出版社からの紹介

ママを亡くし、いっしょに暮らしていたおばあちゃんも亡くなり、主人公「あたし」は、一度も会ったことのない大おじさんに引き取られることに。カリフォルニア州パームスプリングスから、ロサンゼルス経由でシカゴへ。ひとりで乗った長距離列車の3日間の物語。

ベストレビュー

これは何よりも奥深いお話です

私は列車の旅が大好きです。以前、テレビで欧州鉄道の旅を観たことがあります。フランス、イタリア、ドイツ、スペイン、スイス、イギリスなどの旅を観ていると、ほんとに列車の旅は楽しいと思います。だからこの本は興味深く、読ませて頂きました。これはアメリカの長距離列車のストーリーですが、何よりも奥深いお話です。私はこの本を読んで、あらためて生きるということを考えました。そしていつの間にかストーリーの世界に魅了されました。素晴らしい本だと思います。
(水口栄一さん 60代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
1,320円
1,485円
1,760円
1,760円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

517円
220円
825円
2,640円

出版社おすすめ

  • はるのおくりもの
    はるのおくりもの
    出版社:日本標準 日本標準の特集ページがあります!
    雪を見たいカエルと見せてあげたいキツネとウサギ。心あたたまるお話を美しい四季の絵にのせてお届けします



いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

あたしが乗った列車は進む

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら