新刊
きみの話を聞かせて しろさめ作品集

きみの話を聞かせて しろさめ作品集(小学館集英社プロダクション)

全編透明水彩画で描かれたイラスト作品に、描き下ろしのショートコミックを大幅に加えた、待望の作品集!

  • 泣ける
  • かわいい
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

オバケちゃん

オバケちゃん

  • 児童書
作: 松谷 みよ子
絵: いとう ひろし
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

「オバケちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1991年02月
ISBN: 9784061952812

出版社のおすすめ年齢:低学年〜
A5判 118ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ぼく、オバケちゃん。パパおばけやママおばけといっしょに森のおくで、しずかにくらしてたんだ。でも、ある日、この森の木をきっちゃおうとする人間がやってきた……。森をまもるために、ぼく、がんばるぞ。ロングセラー『オバケちゃん』の新版。

ベストレビュー

人間味あふれるオバケちゃん一家

森の奥でお化けのママとパパと3人で住んでいるオバケちゃんのおはなしです。
次男にしては長めのお話でしたが、いとうひろしさんの親しみのある絵と、楽しいストーリーで一気読みしていました。

森が切り倒されると聞いて、お化けが出現すれば売られないと思ったお化けちゃん親子
ところがそれで、人間はひと儲けを考えます。
ところどころに、森林伐採の問題や人間の欲について考えさせる場面もありました。

オバケ一家の、人間以上に人間味あふれるところが良かったです。
お父さんは一人で晩酌より、のみあいてがほしかったりとくすっと笑えました。

シリーズ化されてるようで、次を読むのを次男が楽しみにしています。
(きゃべつさん 40代・ママ 男の子10歳、男の子7歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
1,210円
1,210円
1,210円
2,090円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,210円
385円
275円
495円

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

オバケちゃん

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら