新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

おれ、ピート くいたい

おれ、ピート くいたい

  • 絵本
著: マイケル・レックス
訳: ひさやま たいち
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年04月
ISBN: 9784566080584

A4変型判 縦260mm 横210mm 厚さ8mm 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ピートが一人で遊んでいると、窓からモンスターが入ってきました。遊び相手ができたので、ピートは大喜び。「自動車競争しよう」「海賊ごっこしよう」「積み木で遊ぼう」と誘います。……でも、モンスターがやりたいことはたったひとつ、「ピートをくいたい!」だったのです。とぼけた表情のモンスターと、元気いっぱいの男の子のお話。さて、モンスターはピートを食べちゃうんでしょうか?!

ベストレビュー

捕食者が獲物に叱られている。

モンスターとピートのやり取りが面白かったです。
「食べたい」という欲求にかられながら、友達と遊ぶ楽しさにだんだん魅了されていくモンスターの、心の動きもよく見えて分かりやすかったです。
絵ははっきりしていて、遠目がききますので、読み聞かせにもおすすめです。
子どもの「〇〇したい」という欲求を、とても素直にテンポよく描かれていて、読んでいて楽しかったです。

モンスター(怪物や主人公側から見て捕食者)が、成敗されたわけではないのに、「自分で獲物を吐き出す選択をする」というパターンは初めてで、胃液がついたピートに叱られてしょんぼりしているモンスターが笑えました。
4,5歳から小学校低学年くらいのお子さんたちにいかがでしょうか?
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子20歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
1,650円
1,045円
1,430円
935円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

275円
385円
385円
385円

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

おれ、ピート くいたい

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら