話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
紙芝居 おばあさんとマンガス

紙芝居 おばあさんとマンガス

脚本: イチンノロブ・ガンバートル
絵: バーサンスレン・ボロルマー
訳: 津田 紀子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥2,090

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年09月08日
ISBN: 9784494093373

出版社のおすすめ年齢:低学年〜
265mm×382mm 12ページ

出版社からの紹介

昔、子牛をかっているおばあさんがいました。ある日、そこにマンガスがやってきて、子牛をたべてしまいました。マンガスはおばあさんに「おまえは、よるごはんにくってやろう」というのです。おそろしくなってふるえているおばあさんにこえをかけたのは、はりと、はさみと、いしでした。「わたしたちがたすけてあげましょう」。そして夜がやってきて……。おそろしいかいぶつをやっつける、迫力満点のモンゴルの民話。

ベストレビュー

モンゴルの昔話はひと味違います

マンガスという怪物に、飼っていた大切な子牛を食べられてしまったうえに、自分も夜には食べに来るというなんとも恐ろしい出だしでしたが、不思議な助っ人は現れます。
「猿蟹合戦」のような日本昔話にも共通点がありますが、助っ人たちは手助けする条件にお菓子を希望したりして、ちょっと違和感もあります。
マンガスのお腹から、子牛が戻ってくればもっとハッピーだったのですが。
いきなり説明なしで登場する「マンガス」はモンゴルの怪物らしいのでうが、キャラクターイメージがないのが残念な紙芝居です。
(ヒラP21さん 60代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

935円
935円
1,540円
3,300円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

440円
3,080円
1,650円
1,980円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

紙芝居 おばあさんとマンガス

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら