新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

めぐり めぐる

めぐり めぐる

  • 絵本
作: ジーニー・ベイカー
訳: わだ すなお
出版社: ポリフォニープレス

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,870

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年02月11日
ISBN: 9784991168505

42ページ

出版社からの紹介

続きを読む

ベストレビュー

ドラマティック

 初めて見たジーン・ベイカー画伯の絵本。
なんだ?これは・・・息をのみ、声出せず、見入る私。
「めぐり めぐる」原題「Circle」、生態系を深く慮る。

 それはドラマティックイメージ&ストーリー!
シギ科「オオソリハシシギ」の渡り(越冬地オーストラリア>>経由地中国>>繁殖地アラスカ>>またまた戻り越冬地オーストラリア)が、一人の車イス男の子の思い「空を飛べたらなぁ」をもとに描かれてゆく。
 ジーン・ベイカーの画法コラージュ(自然物例えば羽毛、砂粒、樹皮やら布帛など)が、気が遠くなるほど精緻芸術されている。お陰でページを繰る手が止まるのだ、困るほどに。
 そして、地球の環境保全という課題を強く感じる。人間の意識、いや本能の行先がどこなのか?という画伯の問いかけだ。自然への畏敬と、本能への威厳、生命への尊厳・・・困難なテーマが祈り込まれているように思えるとさらに手が止まる、アァ困った。

 足に負傷を負った男の子の思いは、オオソリハシシギと同じ、いただいた生命を自然と共に活かし切ることだろうか?
小さな地球儀を、もう一度よく見てみようと思う。

 ポリフォニープレス社に、感謝。
(もゆらさん 60代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,430円
1,320円
715円
1,100円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
1,100円
2,530円
69,000円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

めぐり めぐる

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら