話題
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • 学べる
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ
えほん遠野物語 おまく

えほん遠野物語 おまく

  • 絵本
作: 京極 夏彦
企画・原案: 柳田 国男
絵: 羽尻 利門
出版社: 汐文社

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年07月20日
ISBN: 9784811328454

出版社のおすすめ年齢:低学年〜
32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

死を告げる。空を飛ぶ。時空をこえて、人々の前にあらわれる「おまく」の正体とは?
 「怪談の原点」を絵本でえがく〈京極夏彦のえほん遠野物語〉、いよいよ最終シリーズがスタート!!

ベストレビュー

おまく体験

えほん遠野物語シリーズ。
表紙絵でギョッとなります。
浮遊している男の姿。
そう、死の前に空間移動して遠方の人々の前に現れる現象を「おまく」というようですね。
人びとの前にす、っと入ってきたり、水面に浮かび上がったり。
いくつかの伝承の後、仁太郎のエピソードが豪快です。
まさに臨死体験。
生き返ったからこその、「あれがおまくか」。
そう感じられる感性が、おまくそのものだと思います。
そこここに感じられる死。
よく目を凝らすと、鳥が魚を取ったり、蛇が蛙を飲み込んだりしています。
遠野物語のすごさを実感しました。
(レイラさん 50代・ママ )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,045円
5,280円
1,980円
2,970円
902円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
550円
990円
1,650円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

えほん遠野物語 おまく

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら