話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
移動するものたち

移動するものたち(小学館集英社プロダクション)

谷川俊太郎さん推薦! 黒い夜の森を捨て、旅に出る動物たち……移民の旅の現実を描くサイレント絵本

  • 泣ける
  • 学べる
ぼく、どこから きたの?

ぼく、どこから きたの?

  • 絵本
作: サラ・オレアリー
絵: ジュリー・モースタッド
訳: すぎもと えみ
出版社: 化学同人

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,980

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2023年05月17日
ISBN: 9784759823219

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
260mm×184mm 32ページ

出版社からの紹介

ヘンリーは、しりたがりやの男の子。なかでも、自分がどこからきたのかパパとママに何度もたずねます。「カラスがはこんできたんじゃなかったっけ?」「いいえ、はこんできたのはようせいさんよ」「そうじゃない、かごにはいってかわをながれてきたんだ」 さいごにパパが教えてくれた本当の答えとは…?

ベストレビュー

ちょっと考えてしまいました

「ぼく、どこからきたの?」という、とてもシンプルな子どもの疑問に、お父さんとお母さんが交互に答えます。
それはユーモアに満ちていて、ふざけているようにも遊んでいるようにも思えます。
そして、最後には最高な答えが準備されていました。
お父さんとお母さんに望まれて産まれてきたのだと、安心感に満ちた回答でした。
でも、子どもはそこまで待てるだろうかというのが、素朴な疑問です。
考えようによっては、子どもを傷つけるような、混乱させるような、おふざけが長いからです。
最後の言葉が耳に入らなかったら、ボタンをかけ間違いしてしまいそうな絵本でした。
こどもの純粋な心をいじりすぎてはいけませんよ。
(ヒラP21さん 70代以上・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,980円
2,200円
1,760円
1,760円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,760円
550円
715円
418円

出版社おすすめ

  • はるのおくりもの
    はるのおくりもの
    出版社:日本標準 日本標準の特集ページがあります!
    雪を見たいカエルと見せてあげたいキツネとウサギ。心あたたまるお話を美しい四季の絵にのせてお届けします



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

ぼく、どこから きたの?

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら