新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
ふるかな ふるかな?

ふるかな ふるかな?(評論社)

雨はふるかな ふるかな? まだかな まだかな?

  • かわいい
  • ギフト
ヴァイオリン

ヴァイオリン

作: ロバート・T・アレン
絵: ジョージ・パスティック
訳: 藤原 義久 藤原 千鶴子
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥2,420

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1989年02月
ISBN: 9784566002425

22.2X26.2cm/80ページ

出版社からの紹介

ほしかったヴァイオリンをやっと手にいれたクリス。弾いてみると、ひどい音だ。がっかりして公園のくずかごへ捨ててしまった。その時、不思議な老人が…。老人との出会いと別れを通し、音楽への憧れに目覚める少年。白黒写真で描く、詩情あふれる絵本。

ベストレビュー

少年とヴァイオリンとおじいさんと

表紙のカラースチール写真を見て、扉を開くと白黒映画の世界
若干ハイキーな写真とざらつきを意識したコントラスト。
つくづく、この手法は写真家の業だと感じるのですが、登場する少年たちとおじいさんの心の内をとても鮮明に表現して、ドラマ性を高めています。

少年があこがれたヴァイオリンを手に入れるためにためた「貯金箱」。
さあヴァイオリンを買いに行くのだという高まりと、あこがれたヴァイオリンがとても買えないほど高価なもんだと知った時の落胆。
手に入れたヴァイオリンが耳障りな音しか出さないことに対する怒り…。
ダニーの心象を言葉以上に写真が表現していて、ストーリー性のある写真は、映画のスチールをつなぎ合わせているようです。
ヴァイオリンが悪いのではなく、自分の腕が未熟なのだと教えてくれたのは不思議なおじいさん。
おじいさんの不思議な存在が、この「映画」のとても大きなポイントです。
ダニーと仲良しのクリスとのふざけ合いで壊してしまったヴァイオリン。
自らのヴァイオリンをダニーに渡して、去っていくおじいさん。

すっかり映画の絵本化だと思ってしまいました。
ドラマのような写真物語、ミゴトです。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

2,200円
1,320円
1,210円
836円
1,100円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

880円
1,210円
1,540円
550円

出版社おすすめ

  • はるのおくりもの
    はるのおくりもの
    出版社:日本標準 日本標準の特集ページがあります!
    雪を見たいカエルと見せてあげたいキツネとウサギ。心あたたまるお話を美しい四季の絵にのせてお届けします



えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

ヴァイオリン

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら