新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
おはなし名画シリーズ(19) 葛飾北斎
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

おはなし名画シリーズ(19) 葛飾北斎

  • 絵本
構成・文: 西村 和子
監修: 小澤 弘
出版社: 博雅堂出版

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥3,520

絵本ナビ在庫 残り5

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2006年11月
ISBN: 9784938595340

B4変型判 64ページ
作品点数 50点

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


書店員さんにインタビューしました!

出版社からの紹介

1999年、アメリカの雑誌ライフがおこなった「この1000年でもっとも重要な業績をのこした世界の人物100人はだれか?」
というアンケートの中で、ただひとりえらばれた日本人、それは葛飾北斎でした。
この葛飾北斎とはどんな人だったのでしょう。
しばらく葛飾北斎の作品をみながら、北斎爺さんのはなしに耳をかたむけてみましょう。

おはなし名画シリーズ(19) 葛飾北斎

ベストレビュー

北斎、語る!

5年生の読み聞かせにセレクト。
「うごく浮世絵」という本を子ども達に見せたくて、この本の補助に何かないかと捜していて手に取った本です。
読んでみると、北斎が自分で語るという設定で出だしからおもしろいのでどんどん読み進みました。

個性的というか変わり者というか、エピソードの多い葛飾北斎。
全ページに作品が掲載され、年月と共に作品に変化が見られます。
数十回の引っ越しや、三女と住む狭い部屋では「おうい」と呼べば事足りたため、三女の画号は「応偽(おうい)」と名付けたところも子ども達はびっくり。
子ども達からの感想は「浮世絵を描く人だからまじめな人かと思ってた」「スゴイ!こんな人生おもしろい!」等々。

作品の掲載があるため、大きなサイズの本です。
読み聞かせでは、かなり長くなるので、途中は要約して読みました。
最後に「うごく浮世絵」の北斎作品ページを子ども達に見せたところこれまた「おお〜っ!」と目が輝きました。

葛飾北斎でここまで盛り上がるとは思いませんでした。
とても楽しい読み聞かせとなりました。

シリーズの他の作品も読みました。
芸術家達の生き方に興味がでてくる、かなりおすすめのシリーズです。
(夢見るアリスさん 40代・ママ 男の子15歳、女の子13歳、男の子7歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,485円
1,760円
1,430円
1,980円
2,200円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
1,980円
385円
385円

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

おはなし名画シリーズ(19) 葛飾北斎

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら