新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

ちくごがわ

ちくごがわ

  • 絵本
作・絵: 村松 昭
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年05月
ISBN: 9784034377307

出版社のおすすめ年齢:低学年〜
24cm×28cm・40ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

九州一の大河・筑後川を、有明海から源流まで雲に乗ってさかのぼります。
歴史、文化、自然がわかる地図絵本。火の神様と河童がご案内。

ベストレビュー

人の力はすごい。

この作品の案内役は阿蘇山の火の神様と、かっぱです。
筑後川にはかっぱの故郷と呼ばれる水天宮があるそうです。
なんとカッパって、中国から渡ってきた伝説の生き物だったのですね〜。今まで知らなかったです…。
九州は歴史的に中国から伝道されたものがやはり多いんですね。

本書はシリーズの中でも珍しく下流から上流へ進む旅でした。
ここに描かれていることで知っていたのは「鵜飼い」くらいかなぁ。
こうしていくつかの川の物語を覗いてくると(シリーズを何冊か読んでから思ったのですが)、
どの川も一度は歴史的に大きな洪水を起こしていて、その後大きなダムが作られていました。
人の力ってすごい!改めて感じました。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子20歳、女の子15歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,430円
1,540円
1,078円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

385円
1,430円
1,320円
1,980円

出版社おすすめ

  • みみカスいっか
    みみカスいっか
    出版社:ニコモ ニコモの特集ページがあります!
    たっくんは、みみそうじが だいきらい。 そんなあるひ、どこからか こえが きこえてきて・・・・・・。



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

ちくごがわ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら