新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる
ゴッホ風がはこんだ色彩

ゴッホ風がはこんだ色彩

  • 絵本
作: キアーラ・ロッサーニ
絵: オクタヴィア・モナコ
監訳: 結城 昌子
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,980

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2010年10月
ISBN: 9784890139217

B4変型・38ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ゴッホが胸のうちを明かした弟テオとの手紙をもとに、巨匠ゴッホの生涯が絵本でよみがえりました。アートな絵本第6弾!

ベストレビュー

新感覚のゴッホ伝

この本を見たとき、最初にイメージしたのはいせひでこさんの『にいさん』でした。
この絵本も画家ゴッホの伝記であり、ゴッホと弟テオの兄弟愛を基にゴッホの一生を描いているのですが、いせひでこさんの絵とオクタビア・モナコさんの絵ではその描き方にとても象徴性があるのです。
いせさんはゴッホの画風、色彩を取り入れることでゴッホを表現しています。
モナコさんはゴッホの絵そのものを中に取り込みながら、独自の画風でゴッホを描いています。
いかにも美術の絵本的で西洋絵画のような感覚。
とても新鮮に感じられて、思わず「これっていいかも」とつぶやいてしまいました。
「炎の人」であり「ひまわり」に象徴される色彩の人であるゴッホを、あえて違った画風色調で、一歩離れて描いているのです。
ゴッホ好きには少し違和感があるかもしれませんが、画家としてのゴッホよりも人間としてのゴッホを感じることができて良かったと思います。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

990円
1,760円
1,650円
1,540円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

2,310円
440円
385円
275円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

ゴッホ風がはこんだ色彩

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら