新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

負けるな、ロビー!

負けるな、ロビー!

  • 絵本
作: マイケル・モーパーゴ
絵: マイケル・フォアマン
訳: 佐藤 見果夢
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2008年09月
ISBN: 9784566013759

出版社のおすすめ年齢:高学年〜
四六判/112ページ

出版社からの紹介

ぼくは、あきらめない。ぼくは、まだ、生きている! 交通事故にあい、生命維持装置で生かされている少年ロビー。家族、級友、愛犬、憧れのサッカー選手…彼を目ざめさせたのは? 明るく強い心で奇跡の生還をはたした少年の〈クール〉な戦いの物語。

ベストレビュー

思わず応援したくなるお話です

交通事故で意識不明となったロビーのお話です。
病室で横になりながら、ロビーは周りのことを感じることができるのです。
お母さんの涙、お父さんの無骨な読み聞かせ、妹の無邪気な振る舞い。
両親が別居していることが分かります。
介助をしてくれる看護師のトレーシーさんの語りかけや、彼女の口ずさむジョン・レノンの歌に生きている喜びを見出しながら、コミュニケーションのとれない歯がゆさを感じます。
自分は生きているのに、周りからの見た目では、容体はだんだん悪くなっていきます。

この物語は、悲劇では終わりません。
素晴らしいハッピーエンド。
ロビーは家族のきずなを強いものにして、自ら復活します。
目が見えるようになって、頭の中で思い描いてたトレーシーさんは別人でした。
ユーモラスでありながら、読む者が熱くもなれる物語です。

そして、この本のキーワードでもある「Cool(クール)」。
日本語で言えば「いけてる」とか「すっげー」みたいなニュアンスの言葉でしょうか。
日本語とはニュアンスの違う若者言葉として連呼されます。
最初、お母さんはその言葉が嫌いだった。
最後に、とても素晴らしい言葉だと思い直します。
子どもたち、若者たちが交わす言葉で、ついていけない現代語。
その存在感も十分に表現していると思います。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
1,430円
1,430円
1,650円
880円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

275円
275円
550円
1,848円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

負けるな、ロビー!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら