新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • 学べる
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ

生きる 劉連仁の物語」 みんなの声

生きる 劉連仁の物語 著:森越 智子
絵:谷口広樹
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
税込価格:\2,750
発行日:2015年07月03日
ISBN:9784494020423
評価スコア 4
評価ランキング 32,509
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こういう機会だからこそ、読んでほしい。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子16歳

    2016年、第62回青少年読書感想文全国コンクール『中学生』の課題図書に選ばれている1作です。
    第二次世界大戦中当時、日本に無理やり連れてこられた中国人・劉連仁さんの人生を描いた物語でした。
    劉さんのように大陸から強制労働者として、日本に連れてこられた人は中国人だけで38935人もいたそうです。さらに朝鮮半島からは66万人以上連れてこられた。といわれています。

    今の時代の日本の子どもたちには、中国や朝鮮から連れてこられた「強制労働者」といっても、それがどんな人たちで、どういうことをさせられていたのかは、
    例えばよく映画になるドイツのナチス政権が行った『ユダヤ人大虐殺』よりも知識がないのではないでしょうか?

    (この作品は、事実を基に劉さんに起こった辛い出来事を中学生にもわかる言葉で綴ってくれています。
    こうして文字にすると(簡略にまとめているせいもありますが)たかが数ページの出来事ですが、
    劉さん本人にとっては実に約14年間(1944〜1958年)もの間、
    知らない土地で誰も頼るものもなく、隠れ住んで生きていた時間だったんです。
    このことを、私たちは日本人としてもっと正しく実感しなくてはいけないと改めて思いました。

    こういう機会だからこそ、読んでおいてほしい1冊です。

    投稿日:2016/05/22

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット