話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
まんぷくよこちょう

まんぷくよこちょう(文溪堂)

おいしい食べ物、おしゃべり、ふくびき、商店街の魅力満載!

  • ためしよみ

フラミンゴボーイ」 みんなの声

フラミンゴボーイ 著:マイケル・モーパーゴ
訳:杉田 七重
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2019年10月23日
ISBN:9784092906273
評価スコア 3.5
評価ランキング 41,617
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 発達障害児と多くの奇跡

    モーパーゴの作品は、片端から読破してきた私ですが、この作品はヒューマニズムに包まれていながら、疑問の多い作品で戸惑いを覚えました。
    ドイツ兵ブレンナーはどうして、発達障害児のロレンゾを擁護し、ジプシーのケジア家族の力になろうとしたのでしょうか。しかも、間もなくアメリカ軍がやってきて戦争が終わるなどと敵国贔屓ができるのでしょうか。
    障害者、ユダヤ人は駆除すべきだと、ナチスは狂気に満ちた行為を行い続けたのに。しかも、彼は指導的立場にいるのです。
    明らかに自国の政策、思想に反逆しているこの男を中心に、物語は大きくかじ取りされます。
    半信半疑ではありながら、モーパーゴは、読者を感動の渦に巻き込みます。
    フラミンゴの群れが生息するという南仏の大自然を舞台にした、信じられない物語ではありました。

    投稿日:2020/09/18

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


今年2回目の西日本新聞社オススメ児童書コンテスト開催♪

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット