もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

マドレーヌといぬ」 じいじ・ばあばの声

マドレーヌといぬ 作・絵:ルドウィッヒ・ベーメルマンス
訳:瀬田 貞二
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1973年05月
ISBN:9784834003635
評価スコア 4.73
評価ランキング 964
みんなの声 総数 62
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ふってもてってもお散歩

    シリーズの中でも、かなり好きなお話です。
    魅力的な絵と語呂のよい文書が楽しいシリーズです。
    ジュヌビエーブと名付けたかしこい犬を探すシーンでは
    パリの街並みがたくさん描かれていて、細かな描写も楽しめます。
    ペールラシェーズでは、有名なお墓も見つかりますよ。
    恩人の犬も見つかり、最後にはおどろくおまけつき、、。
    もちろんハッピーエンドです。

    投稿日:2017/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • パリの風景

    マドレーヌたち12人で、ジュヌビェーブを捜しに行く場面に、6ペ

    ージにもわたり、パリの風景画が描かれています。

    その場面がとても素敵で、パリに旅行に行っているように、楽しめます

    捜しに行った場所の説明も書いてあるので、またそのページを捲り、絵

    だけを眺めています。

    12匹の子犬が産まれて、リボンを付けた子犬たちととても誇らしげに

    子供たち12人と子犬12匹の前を行くジュヌビェーブの姿がかっこよ

    かったです。いたるところにパリの風景画があり、とてもよかったです

    投稿日:2010/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきな絵本

     1ページごとに躍動感とともに何かを語りかけている絵、さらに初めから終わりまであきさせないストーリー展開。そして、ラストは「良かったね」といえる満足感。

     お話の内容は結構重いものがあると思いますが、「乗り越えていけるよ」というメッセージみたいなものが、軽いタッチで幼い子のこころにも優しく伝わっていくのではないでしょうか。

     ミス・クラベルに、こどもに接する理想のおとなの姿を、作者は投影しているのでしょうか。こうありたいですね。

     ところで、わが5歳孫娘。
     ハラハラドキドキの展開に、こころなしか緊張して見聞きしていましたが、みんなの数だけこいぬがうまれたラストには「アハハ」と喜びながらも、冷静に、「(おやいぬ)ジュネビエーブの分が足りないよ」ですって。
     そう言われれば、そうあってもいい。こどもっておもしろいですね。

     ともあれ、ユーモアがあって軽妙で「すてき!」な絵本ですね。

    投稿日:2007/10/27

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



おやすみ前にぴったりの絵本!本をなでたり、ゆらしたり♪

みんなの声(62人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット