話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

めくってびっくり俳句絵本5 三つかぞえて 日常の俳句」 みんなの声

めくってびっくり俳句絵本5 三つかぞえて 日常の俳句 絵:メリンダ・パイノ
編:村井 康司
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2010年03月
ISBN:9784265052752
評価スコア 4
評価ランキング 29,271
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「受話器から しやぼんの如き 母の声」

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    挿し絵はメリンダ・パイノさんが描いています。
    オーストラリア人デザイナーで現在日本在住だそうです。
    線と形と色がひとつのモノを描いているという印象で、どの句につけられている絵にもインパクトがありました。

    句として面白かったのは「さっきから ずっと 三時だ」(岡田幸生)です。
    こんな独り言みたいなものでも俳句になてしまうことに驚きました。
    なんかわかるな〜と思ったのが、
    「受話器から しやぼんの如き 母の声」(林圭)。
    これはいいです。
    母親の存在をすごくいい感じに表してくれている俳句です。
    他にもいろいろいい句が載っています。

    投稿日:2017/02/19

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット