おおきなうみと ちいさなマーヴィー おおきなうみと ちいさなマーヴィー
作・絵: H@L  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
海の世界で未来を夢みるくじらのマーヴィー!絵本いっぱいに広がる青が、夏にぴったりな1冊です!

うみべのいちにち」 みんなの声

うみべのいちにち 作:ナタリー・テュアル
絵:イリヤ・グリーン
訳:とき ありえ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2010年07月
ISBN:9784062830478
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,912
みんなの声 総数 4
「うみべのいちにち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おうちに帰っていくところが好き

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子23歳、女の子18歳

    レオ(兄)とロラ(妹)の二人が浜辺でいちにちお城を作って遊んでいる姿が、ゆったりと描かれています。
    甘えん坊でちょぴりわがままな妹をうまく言いくるめ(?)ながら、レオは素敵な砂のお城を作っていきます。
    もちろん、ロラもちゃんとおてつだいしますよ。
    その二人の姿がほほえましいです。
    パットワークに使う図案のような模様の浜辺の姿が個性的だと感じました。
    兄より心に残ったのは、荷車に乗った二人をお父さんとお母さんがおうちへと連れて帰っていく最後のシーンです。
    夕暮れなのもあり、人物や家が影絵のようになっているのですが、そこがとても素敵でした。

    投稿日:2018/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海辺で遊ぶ兄と妹。
    海辺の砂とあちこちの小石や貝殻や海藻で、お城遊びです。
    海辺はごっこ遊びに最高の舞台ですね。
    二人の仲の良いぶん、お話が膨らんでいきます。
    お話に余韻があって、夏の始まりよりも、終わり頃がピッタリの絵本かもしれません。
    でも、海は引いては満ちてくるもの。
    くれぐれも波にご用心。
    この部分は海に行く前に伝えましょう。

    投稿日:2015/08/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 甘くないおしゃれな挿絵

    少し小さめサイズの絵本です。
    お兄ちゃんと妹の、海辺での遊びの様子が描かれています。
    特にストーリーがあるわけではないのですが、兄妹のやりとりと、そのかわいらしい姿を見ているだけで、さわやかな気分になってきます。
    甘くないおしゃれな挿絵がとても素敵でした。色合いも独特で、飾っておきたくなるものばかりでした。

    投稿日:2015/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海岸へ

    この絵本を読んだら、海岸に行きたくなっちゃう感じの絵本でした!!海辺で遊ぶ楽しい遊びが載っていてとっても読んでいて楽しかったです。子供は特に砂のお城みたいなものを作っていたのが面白そうに見えていたらしく、喜んで見てました。

    投稿日:2012/07/10

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット