新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

わたしたちうんこ友だち?」 みんなの声

わたしたちうんこ友だち? 作:高橋秀雄
絵:中谷 靖彦
出版社:今人舎
税込価格:\1,540
発行日:2012年11月
ISBN:9784905530145
評価スコア 4.63
評価ランキング 3,469
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大切なこと

    ヒナちゃんの気持ちよく解ります。小学校って所は、ちょっとしたことからいじめにつながりかねない地雷が、いっぱいつまっていて、ストレスの原因だったりするのです。
    生理的なこと、子どもの精神的な安心安全を保証するのは、先生方や大人の責任かも知れません。
    私は絵本を通してしか関われないけれど、こんな絵本を平然と読めるくらいの気持ちは持ちたいと思います。

    投稿日:2020/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長男が読みたいと自ら手にしていました。

    今、最高に好きな話ですね。
    どんな友だち?というところでしょうか。
    おなかのゆるい子っていますよね。
    ちびまる子ちゃんで出てきそうなお話みたいです。
    下の話は汚くて楽しい話かもしれませんが、包み隠さず話せる人がいるっていいですね。

    投稿日:2020/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 無事にトイレにたどり着いた

    学校でトイレに行きたくなってから、家のトイレまで
    我慢しての、なが〜い道のりが、リアルにえがかれていて
    ものすごく悲壮なのですが、笑えます。
    そして、無事にトイレにたどり着いた時のホットした感じ!
    親友のマキちゃんたら、冷静でおとなみたいですね。
    全て話して良かった。アドヴァイスももらって、もう大丈夫そうです。
    人に言えない悩みを解決してくれるこの絵本、素晴らしいと思います。
    トイレ我慢すると、身体に悪いよね。
     

    投稿日:2018/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学生にオススメ

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    学校でうんこができない女の子のお話。
    授業が終わる頃うんこに行きたくなっちゃって、お腹も痛くなっちゃって、仲良しのマキちゃんと一緒に帰れなかった。走って帰りたいけれど、走るとお腹が揺れてよけいトイレに行きたくなる。その心の葛藤、わかるよ〜と頷いてしまいました。
    トイレはなんとか間に合い、その後マキちゃんが家を訪ねてきた。マキちゃんと腹を割ってうんこの話に花が咲きます。マキちゃんの堂々たる体験談には脱帽です。
    学校でできないっていう子、多いと思うけど、うんこは恥ずかしいことじゃないって、小学生みんなに知ってほしい!小学生への読み聞かせにぴったりだなと思いました。

    投稿日:2013/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当のお友達

    下校時にうんこをしたくなったひなちゃん。学校のトイレでははずかしいし、とちゅうでもれることを恐れて、いつも一緒に帰っているまきちゃんには一緒に帰れないと一人で帰ります。
    心配して家にやってきたまきちゃんに、ひなちゃんは本当のことを話します。その二人の会話のやりとりがなんともおもしろく、なんでも話せるお友達っていいなと思います。学校でうんちをするのがはずかしい子供達に読んで聞かせてあげるといいと思います。

    投稿日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • うんこ

    学校のトイレでうんこをするのが恥ずかしい気持ちがわかる気がします。孫も自分からうんこをするようになったらどんなにいいだろうと願っている私です。生まれた時から浣腸の御世話になっている孫なので贅沢な悩みだなあって思ったり、懸命に家に帰るのに必死さがとても伝わってきました。

    投稿日:2013/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子ゴコロ

    授業が終わる頃、襲ってくる便意・・・。
    (でも・・・、でも・・・、学校ではできないっ!!)
    そんな女の子のお話です。

    親友を振り切ってまで、帰ってしまう心情とか、
    走りたいけど、お腹を刺激したくないとか、
    腹痛の波は、4回までは大丈夫とか・・・。
    とにかく、臨場感あふれる展開です(笑)

    心配して来てくれた親友のマキちゃんに真実を話して、
    マキちゃんのうんこ対策を伝授されます。
    マキちゃんの逞しさは、なかなか爽快です!

    「えっ?がっこうで、うんこってはずかしいことなの??」という気持ちが、
    娘に芽生えないかが気がかりですが、今は笑って見てました。
    (はずかしいかも・・・)という気持ちが芽生えたら、是非マキちゃんの
    ことを思い出して欲しいなって思います。

    投稿日:2013/02/13

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



装丁も新たにボードブックとして登場した、レオ・レオーニの名作『あおくんときいろちゃん ボードブック』

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット