話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

日本語を味わう名詩入門 (16) 茨木のり子」 みんなの声

日本語を味わう名詩入門 (16) 茨木のり子 編:萩原 昌好
絵:藤本 将
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:2013年06月
ISBN:9784751526569
評価スコア 4
評価ランキング 29,215
みんなの声 総数 1
「日本語を味わう名詩入門 (16) 茨木のり子」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 読み聞かせで戦争についての本を探していたときに、
    えほんではないのですが、気になった詩が
    「わたしが一番きれいだったとき」です。

    それがきっかけで子供に読んで欲しくてこの本を手にとりました。

    さいごに「詩の理解を深めるために」というあとがきのような
    ものが書かれています。その中に彼女の詩は語彙の意味をじっくりと
    考えることができる能力と熟読できるだけの心の静謐(せいひつ)さが
    必要と書いてありました。

    詩は短い文章だからわかりにくい。逆に短い文章だからこそ
    詩人の言いたいことが凝縮されて印象強く残ります。

    どうすればそれがわかるのか、解説などがついている良本だと思いました。

    投稿日:2018/05/04

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【大日本図書株式会社】

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット