ゆびたこ ゆびたこ
作・絵: くせ さなえ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
今度1年生になるのに、指しゃぶりがやめられない私。ぜったいやめたいのに…。ある日突然、親指のユビタコがしゃべった!?

白いねこ」 はなびやさんの声

白いねこ 絵・訳:こみねゆら
原作:オーノワ夫人
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,748+税
発行日:1994年
ISBN:9784039602107
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,218
みんなの声 総数 2
「白いねこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • いろいろな話の要素が混じっていそう

    光吉夏弥さんが、猫が出てくる昔話を集められた昔話集があり、そこにこの話も載っていたという記憶です。

    こみねゆらさんの美しい絵に惹かれて借りてました。

    子どもたちが自分の国を奪ってしまうのではと疑心暗鬼な王様は、三人の王子に「この世でいちばんかわいい犬をさがし」てくるように命じます。

    その旅の途中で三人目の王子は美しい猫に出会うのです。

    猫って人間の生活に身近だし、きれいな猫って妖艶な感じがあるからでしょうか。王子と猫は恋に落ちてしまうのです。

    三回の繰り返しと三人の王子、『いばらひめ』とか他のグリム童話の話の要素もいろいろと混じっていそうな話だと思いました。

    長めの話だし、ロマンチックな話が好きな高学年以上の女の子にお勧めかもしれません。

    お姫様ものが好きという方にもお勧めです。

    投稿日:2012/01/06

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「白いねこ」のみんなの声を見る

「白いねこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お子さんやお孫さんと話をしながら読みたい、心やすらぐ絵本

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット