宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

文明の迷路 古代都市をめぐってアトランティスへ」 まゆみんみんさんの声

文明の迷路 古代都市をめぐってアトランティスへ 作・絵:香川 元太郎
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年12月
ISBN:9784569685748
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,604
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く
  • 勉強になります!

    この迷路絵本シリーズは,迷路遊びとかくし絵遊びで楽しめるのはもちろん,テーマの添ったイラストもとても見応えあります!
    そして楽しみながら勉強にもなります!!
    今回は古代文明。
    日本の古代遺跡のページから始まり,エジプト文明,メソポタミア文明,インド文明,中国文明,エーゲギリシア文明,ローマ文明,ケルト文明,南太平洋文明,マヤ文明,インカ文明,アトランティス,と大人が見ても学生時代勉強した言葉が出てきて懐かしく思いました。
    世界史を学習中にこんな絵本があったらもっと興味が湧いただろうな〜なんて思ってしまいました(笑)。

    投稿日:2015/03/13

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「文明の迷路 古代都市をめぐってアトランティスへ」のみんなの声を見る

「文明の迷路 古代都市をめぐってアトランティスへ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / とりかえっこ / アレクサンダとぜんまいねずみ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



翻訳者 中井はるのさん、編集者 三輪ほう子さん インタビュー!

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット