まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

紙芝居 おもちおばけ」 てんぐざるさんの声

紙芝居 おもちおばけ 脚本:古山広子
絵:福田 庄助
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,900+税
発行日:2018年07月
ISBN:9784494080762
評価スコア 4
評価ランキング 25,472
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • 福田庄助さんの画がお話に合っていて、味わいがありました。

    江戸時代には使われなくなったり、捨てられたりした道具がおばけになるといった話が多く残っています。たぶん、この原話もそんな民話の一つだと思います。

    場面で一番の見どころは。お父さんが餅にされて節穴に引っ込んでいってしまうシーンではないでしょうか。
    このシーンの餅にくるまれたお父さん、かわいそうですが、面白いです。
    それから火鉢で餅を焼いてみた時、ぷくっと膨れて中の人も大きくなったのを見た時の、宿屋の主人のガッツポーズ(?)も見逃さずに見てほしいです。
    (この宿屋の主人、出てくるたびにいい表情してます)
    宿屋の主人、一押しです。

    投稿日:2019/10/02

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「紙芝居 おもちおばけ」のみんなの声を見る

「紙芝居 おもちおばけ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 恐竜の迷路
    恐竜の迷路
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    シリーズ累計300万部突破! 「遊んで学べる」迷路シリーズ第17弾!


【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット