貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ぼくのシチュー、ままのシチュー」 ヒロマキさんの声

ぼくのシチュー、ままのシチュー 作・絵:ほりかわりまこ
出版社:ハッピーオウル社
本体価格:\1,280+税
発行日:2005年08月
ISBN:9784902528107
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,773
みんなの声 総数 15
「ぼくのシチュー、ままのシチュー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 車が入っちゃった!

    この本は保育園にあった絵本で、一度読んでもらったことがあったみたいです。なので、ストーリーが分かっているせいか、話の途中で、車が入っちゃったと言っていました。
    どんな話かというと、ままは買い物へ出かけ、その間にくまちゃんは絵(魚や野菜や果物中心)をたくさんかきます。書き終えると、その絵をみじん切りにして(ハサミで)、フライパンに入れ、シチューを作ります。そのシチューを作っているところへお母さんが帰ってくるというおはなしです。
    読んでいくうちに、そのシチューに車の絵が入っていたわけだとわかりました。でもくまさんのお母さんは「くまちゃんのシチューすてきね」とほめます。
    くまちゃんが絵を描いている途中で、うさぎさんが出てくるのですが、
    そのうさぎさんがシチューの具をひっくりかえしてしまい、くまちゃんが口をあけてかたまっているところの絵がなんともおもしろくて、娘もわたしもそのページを読むときは笑ってしまいます。

    なかなかおもしろい絵本です。

    掲載日:2010/03/15

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぼくのシチュー、ままのシチュー」のみんなの声を見る

「ぼくのシチュー、ままのシチュー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ / おおきくなるっていうことは / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



主役は、はたらく車。たのしい刺激がつまったしかけ絵本

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット