ロングセラー
に〜っこり

に〜っこり(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数33万部突破の人気シリーズ第1巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

みどりのほし」 夏の雨さんの声

みどりのほし 作:林 木林
絵:長谷川 義史
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2020年07月10日
ISBN:9784494012473
評価スコア 4.33
評価ランキング 14,247
みんなの声 総数 2
「みどりのほし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 童謡「ぞうさん」や「やぎさんゆうびん」で知られる詩人まど・みちおさんは、明治42年(1909年)に現在の山口県周南市で生まれました。
     亡くなったのが、平成25年(2013年)、104歳の見事な人生でした。
     まどさんが存命中の2011年に周南市で「こどもの詩 周南賞」の募集があり、作詞部門優秀賞を受賞したのが、林木林さんの「みどりのほし」という詩でした。
     それに谷川賢作さんが曲をつけられ、楽曲として歌われています。
     この絵本は、その詩がもとになって2020年7月にできあがりました。
     絵本の文も、詩とは少し違っています。(この絵本のおしまいに楽譜付きでもとの詩も載っています)
     絵を描いたのは、この時の審査員の一人でもあった長谷川義史さん。
     世界が大きく広がりました。

     「みどりのほし」という詩には、この星はみどりでいっぱいで、みどりというのは野菜や果実のことで、その頭つまりへたのところは星の形をしている様子が描かれていますが、絵本ではさらの子供たちの手が星のようになって、それがつながって大きな星座をつくるところまで広がっています。
     これは、まどさんの世界観に合わせたものだと思います。
     まどさんに「どんな小さなものでも みつめていると 宇宙につながっている」という言葉があります。
     この言葉そのものがこの絵本の大きなテーマです。

     2011年の詩がコロナの時代に大きな命を与えられて絵本になったのではないでしょうか。

    投稿日:2020/10/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「みどりのほし」のみんなの声を見る

「みどりのほし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / からすのパンやさん / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はれときどきぶた』40周年おめでとう!<br>作者・矢玉四郎さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット