宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

しごとば」 なないろスイトピーさんの声

しごとば 作・絵:鈴木 のりたけ
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:2009年03月
ISBN:9784893094612
評価スコア 4.77
評価ランキング 535
みんなの声 総数 69
  • この絵本のレビューを書く
  • 衝動買いの一冊

    絵本は吟味して時間をかけて選ぶ私が
    おもわず衝動買いした一冊です。
    表紙で「何だこれ?」と思い・・
    すし職人のページを見るなりレジに並んでました。

    まず自分が隅々まで楽しんだ後は
    高学年から中学生にお勧めの一冊となりました。
    緻密なのがいい。(細かいところに作者の遊び心が伝わるんだなぁ)
    教訓は語られてないのに、何気にかっこいい大人の背中が見えるのがいい。
    雑学を身につけられるのがいい。

    子どもたちが働く事を考える時に
    ぜひ渡してあげたい一冊です。

    投稿日:2010/05/22

    参考になりました
    感謝
    3

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「しごとば」のみんなの声を見る

「しごとば」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

からすのパンやさん / どうぞのいす / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / バムとケロのおかいもの / くれよんのくろくん / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • トントン紙ずもう
    トントン紙ずもう
    作・絵:COCHAE(コチャエ) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★帰省みやげ・室内遊びに★        力士を作って遊べる紙ずもう。年末年始、家族と盛り上がろう!


『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

みんなの声(69人)

絵本の評価(4.77)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット