話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

おべんとうがふたつ」 はなびやさんの声

おべんとうがふたつ 作:伴弘子
絵:伊藤 秀男
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
税込価格:\919
発行日:1987年02月
ISBN:9784494005222
評価スコア 3.5
評価ランキング 42,583
みんなの声 総数 1
「おべんとうがふたつ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 上の子の弟に対する気持ち

    上の子の弟に対する気持ちの変化が、三つの話に集約されていました。

    児童書です。

    私にも三つ違いの弟がいるので、上の子の気持ちはよくわかりました。

    大人になれば、弟の気持ちを察することもできますが、何かと上の子のマネをしたがる下の子というのは、うっとおしく感じるものです。

    私は子どもの時には弟の気持ちに気付かなかったけれど、弟の気持ちを感じるぼくが、すごいなあと思いました。

    「がくげいかいのしょう」では、学芸会の歌を弟に邪魔されるぼくに同情し、「おべんとうふたつ」では、弟が一緒に遠足について行きたいという気持ちがわかったぼくの切ない気持ちに共感しました。

    息子は弟がいない一人っ子なので、ピンときていないようでした。

    伊藤秀男さんの子どもの気持ちをとらえた絵が印象に残りました。

    投稿日:2009/05/04

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おべんとうがふたつ」のみんなの声を見る

「おべんとうがふたつ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



4月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット