話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

わたしはなんでも知っている」 hime59153さんの声

わたしはなんでも知っている 作:令丈 ヒロ子
絵:カタノ トモコ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
税込価格:\1,100
発行日:2009年07月
ISBN:9784591110409
評価スコア 4.4
評価ランキング 12,354
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く
  • タイトルが前から気になっていたので、今回手に取りました。

    何でも知っているつもりのクス子。
    勉強も出来るし、近所の情報通でもある。
    確かに勉強頑張ってるなぁ・・・と思います。
    でも友達のことに無関心で、自分のことにも何だか無関心。
    ある日、変なおじいさんからもらった薬を飲んでから、異変が・・・

    その異変が、何というか、これまでクス子がいかにクラスの中に無関心だったかが分かり、読んでいてちょっと切ないような気持ちになりました。

    クラスのボス、福原紀沙の嘘を暴いていく時の、暴き方は面白さがさく裂でした。
    ちょっと可哀想な気もしますが・・・
    そして不思議に思うのは、これまでの授業参観に福原さんのお母さんは一度も顔を出さなかったのかなということです。
    幼稚園や保育園が一緒なら、なおさら友達のお母さんの顔を知っている子の一人や二人はいる筈。
    なのに誰もお母さんの顔を知らないのか?
    そして、お金持ちを自慢しているのに、誰一人として福原さんの家に遊びに行ったことはないのか?
    この疑問に気付いていれば、福原さんの嘘はもっと早いうちに暴かれていた筈・・・

    そういう点では、お話に無理があるなと感じました。

    でも全体的な流れでは、面白い作品だと思います。

    投稿日:2022/02/03

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「わたしはなんでも知っている」のみんなの声を見る

「わたしはなんでも知っている」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はじめてのおつかい / どうぞのいす / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」公開記念インタビュー石丸幹二さん

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット