どっせい!ねこまたずもう どっせい!ねこまたずもう
作: 石黒 亜矢子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本日は100年に一度の大相撲大会。無敵の大横綱、にゃんこのやまに対するは、奇々怪々な妖怪たち。さて、勝敗の行方やいかに!

ウエズレーの国」 わにぼうさんの声

ウエズレーの国 作:ポール・フライシュマン
絵:ケビン・ホークス
訳:千葉 茂樹
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1999年06月
ISBN:9784751519752
評価スコア 4.88
評価ランキング 19
みんなの声 総数 87
  • この絵本のレビューを書く
  • 自分らしいはカッコイイ!

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、男の子4歳

    真っ赤な花のような植物と青い空。
    そして、不思議な服をきたメガネの少年の表紙。
    色彩がとってもキレイですごい!って借りてきました。
    兄ちゃんも、表紙に惹かれて読んでみて、
    夜にも「これね」って持って来ました。

    両親からは「あのこは浮いている」と心配され、
    他の子達からは「町のみんなと違う」とちょっかいを出され
    友達もいないというウエズレー君。

    ん?いじめられっこの話かなと心配しましたが、
    全くそうではありませんでした。

    夏休みの自由研究にと学校で勉強した色々な知識を使って
    自分だけの作物を育て、自分だけの文明を作ろうと計画したところから
    ウエズレー君の個性というか本領発揮!

    そこからは「すごいじゃん!」「やるじゃん!」の連続。

    兄ちゃんはウエズレー君の「ウエズランディア」に興味津々!
    「まるで、秘密基地だ!!いいなぁ〜!」だそうです。

    理解できない不思議なものを見るような目をしてたたずむ
    隣の家のおじさん。楽しそうな子供達と対照的です。

    出来れば、ウエズランディア側の大人になりたいですね〜。

    投稿日:2011/11/29

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ウエズレーの国」のみんなの声を見る

「ウエズレーの国」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / バムとケロのさむいあさ / バムとケロのそらのたび / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット