ウォッシュバーンさんがいえからでない13のりゆう ウォッシュバーンさんがいえからでない13のりゆう ウォッシュバーンさんがいえからでない13のりゆうの試し読みができます!
作: 中川 ひろたか 絵: 高畠 那生  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
家から一歩でも出たら大変なことが起こるかも?奇想天外なユーモア絵本

おおかみ・ゴンノスケの腹ペコ日記1 今夜は食べほうだい!」 アダム&デヴさんの声

おおかみ・ゴンノスケの腹ペコ日記1 今夜は食べほうだい! 作:きむら ゆういち
絵:山下 ケンジ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2003年01月
ISBN:9784062116565
評価スコア 4.81
評価ランキング 267
みんなの声 総数 15
「おおかみ・ゴンノスケの腹ペコ日記1 今夜は食べほうだい!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • ゴンノスケを応援しちゃってる自分

     おおかみ・ゴンノスケの腹ペコ日記シリーズです。
     『おいしいうさぎの食べ方』も好きですが、月夜がきれいになるこれからの季節にはこちらをお薦めします。

     “うさガク(うさぎの学校)”が、できてから、狩りがうまくいかないゴンノスケ。
     “うさガク”を取り囲む高い塀がにくらしい。
     ある日、年に一度のパーティが“うさガク”で、あることを聞きつけたゴンノスケは、潜入計画を思いつき…。


     うさぎに変装したゴンノスケ、タイミングを伺っているうちに…。

     ひとりが大好きで、群れるうさぎをあざ笑っていたゴンノスケが、最後のページで見せる『満足げな笑顔』に変わっていくところが、面白いですね。

     なんといっても、ロッキングチェアーに座り、片手にコーヒーで、潜入計画をあれやこれや練って、一人ニタニタしている様子が、滑稽です。

     今度は、成功しそうで、ワクワクしながら、ゴンノスケを応援しちゃっている自分も、何となく笑えてきます。

     息子は、2年生の時に読み、一人で読むことの楽しさを覚えたようです。

     小学校低学年から、一人で読む事を勧めてみてはいかがですか。

    投稿日:2009/08/24

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おおかみ・ゴンノスケの腹ペコ日記1 今夜は食べほうだい!」のみんなの声を見る

「おおかみ・ゴンノスケの腹ペコ日記1 今夜は食べほうだい!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / くだもの / はらぺこあおむし / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.81)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット