ばけばけばけばけ ばけたくん おるすばんの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん おるすばんの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん おるすばんの巻の試し読みができます!
作: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
ばけたくん10周年めの「おるすばんの巻」! どんなおるすばんするのかなー?

クリスマスのものがたり」 きよりん@絵本とパン焼きの好きな寮母さんの声

クリスマスのものがたり 作・絵:フェリクス・ホフマン
訳:生野 幸吉
出版社:福音館書店
本体価格:\1,300+税
発行日:1975年10月
ISBN:9784834004557
評価スコア 4.73
評価ランキング 1,030
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く
  • マリアさんが美しいの

    クリスマスの絵本って何百冊もあるけれど、
    わたしはこのホフマンの「クリスマスのものがたり」が大好き。
    ホフマンは絵本をお子様やお孫さんに書いておられて、これは最後の絵本なんだそうです。
    また、ステンドグラスの名作も残ってることを聞くと、なんだかきれいな絵本だな〜、いやし系だなあ、とうっとりしたりして。。

    わたしは、特にホフマンのマリアにとても魅力を感じています。
    天使から、受胎告知をされる乙女から、
    赤ちゃんを産んだ母へ、きれいにやさしく描かれているんです。

    赤ちゃんを支える手のさりげないこと!
    そして一番感動するところは、
    出産後と、羊飼いが尋ねて来る時、マリアは横になっていること!!
    こんなマリアが寝ている場面はホフマンしか見当たりません。お母さんが安静にしていること、愛情深く観察していなければ、到底わからないことです。。

    わたしは毎年、この絵本を子ども達に読み聞かせしています。
    ね〜、こうしてクリスマスは始まったのよ〜って。

    クリスマスってどんな物語だったか、キリストの生誕、原点を知りたい人に最適ですね。聖書の話を忠実に描いてある点でお勧めは太鼓判です!

    投稿日:2006/11/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「クリスマスのものがたり」のみんなの声を見る

「クリスマスのものがたり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット