ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
話題
ぷっくり ぽっこり

ぷっくり ぽっこり(偕成社)

じわじわ売れています! 新感覚の赤ちゃん絵本!

  • 盛り上がる
  • ためしよみ

かたあしだちょうのエルフ」 ハナカケさんの声

かたあしだちょうのエルフ 文・絵:おのき がく
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
税込価格:\1,925
発行日:1970年10月
ISBN:9784591005361
評価スコア 4.81
評価ランキング 278
みんなの声 総数 77
  • この絵本のレビューを書く
  • 閉じさせないちから

    自分がこれを初めて読んだのは1年生の頃だと思います。
    親が選んで買ってくれ、家にあったので繰り返し読みました。
    とりわけ、最後のページだけを何度も開きました。
    10代20代になっても、絵本を共有していた姉とよく、この本の話をしました。

    自己犠牲だとか、
    それにも関わらず失う友情だとか、裏切りだとか。
    言葉にすると酷くつらいことなのですが
    子供の時にはそれらをきちんと感じ受け止め自分の言葉にするのは難しいことでした。
    めでたしめでたし、でぱたんと閉じられる本ではありません。
    最後のページには、すんなりとは閉じさせないちからがあります。
    閉じなくていいのです。

    重くつらく生々しい現実が、ふっと昇華する。
    物語にしかできない飛躍。
    ラストシーンで水たまりに立つ一本の樹は、そこまでの物語が重なってこその美しさです。
    そんなの子供は言葉にできなくていいのです。
    ただ、最後のその風景を、わたしは忘れられませんでした。
    その風景をみたくて、何度も手に取り何度も開きました。

    投稿日:2022/03/13

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「かたあしだちょうのエルフ」のみんなの声を見る

「かたあしだちょうのエルフ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / もりのなか / おおきな きが ほしい / ぐりとぐら / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット