新刊
トラからぬすんだ物語

トラからぬすんだ物語(評論社)

2021年ニューベリー賞受賞作!

  • 盛り上がる
新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

TOP500

きみー

ママ・40代・愛知県、男の子5歳 男の子2歳

  • Line

きみーさんの声

599件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
ふつうだと思う 工場見学  投稿日:2022/01/26
しょうぼうじどうしゃの あかい ねじ
しょうぼうじどうしゃの あかい ねじ 作: たるいし まこ
出版社: 福音館書店
4歳の子供に読みました。
消防車が大好きなので、何度も読んでと言われて読みました。
読み手として、3歳まで読んでいた絵本と違い、文書が長くなってきたので、オールひらがなではなく、漢字ふりがなだと読みやすいのにと思いました。
お話の内容は、消防自動車の工場へ行くお話ですが、途中で一人迷子になってしまいます。
大人目線でいえば、工場で子供を迷子にしてしまった大人に対して、どうかと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 昔も今も  投稿日:2022/01/25
しごとをとりかえただんなさん 改訂
しごとをとりかえただんなさん 改訂 作: ウィリアム・ウィースナー
訳: あきのしょういちろう

出版社: 童話館出版
子供が図書館で借りてきた絵本です。
外国の昔話ですが、現代にも通じるものがあり、大人でも読み応えがありました。
子供目線では、だんなさんが失敗するのが面白いのか、何回も読んでと言ってきました。
旦那さんは、自分の負担が大きいと不満ばかり。
しかし、仕事を交換して、実際やってみると・・・
最初から最後まで、奥さんはとても心が広いなと思いました。
この絵本は、共働きが当たり前の今の社会をわかりやすく教えてくれていると思いました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 子供の質問からの  投稿日:2022/01/25
ひつじのメイ ぼくのパパとママ
ひつじのメイ ぼくのパパとママ 作: 穂高 順也
絵: 沢田としき

出版社: キッズメイト
子供の疑問。
どうしてパパとママは結婚したの?と子供が疑問に思い、質問してくる時がくるかもしれません。
この絵本は、その疑問をもった子供が、想像力を発揮して、いろいろ発展していくのが面白いです。
最後に、パパとママから答えを聞いて満足していますが、この絵本を読んだ後に、自分達もきちんと答えられるように心の準備をしておこうと思いました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う クリスマス  投稿日:2021/12/09
ツリーさん
ツリーさん 作・絵: 新井 洋行
出版社: 講談社
新井先生の可愛い絵の絵本です。
クリスマスでも、ツリーが主役の絵本です。
どんどん、普通のもみの木から、クリスマスツリーになっていく姿がかかれています。
子供が好きな言葉をたくさん使いつつ、どんどん飾りがふえていくのが、見ていて楽しいです。
ちゃんと最後にさりげなくサンタさんもいます。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 散歩  投稿日:2021/12/03
ちいさなまち
ちいさなまち 作・絵: ふじたしんさく
出版社: そうえん社
兄妹で散歩に行きます。
散歩しているとみかける、日常シーンがでてきます。
ベンチに座っておやつを食べたり、ほのぼのしています。
その後、兄が遠くまで散歩をしたがり、どんどん歩きます。
妹は暗くなってきて段々不安になってきます。
妹の知らない所を歩く不安。段々暗く、寒くなってきて不安になる気持ちが、小さい頃体験したこともあり、共感しました。
最後、どうして遠くまで散歩をしたのかがわかります。

参考になりました。 0人

ふつうだと思う ほしのみ  投稿日:2021/12/03
まじょのケーキ
まじょのケーキ 作・絵: たむら しげる
出版社: あかね書房
誕生日ケーキを作るために、ほしのみを採りに行くお話です。
途中、雪が降ってくるので、冬、特にクリスマス前に読んであげるといいと思いました。
お母さんが、困っているときに、さりげなく助けてくれるのがいいですね。
また願い事を秘密にするのも、想像力をかきたてていいですね。
とてもやさしいお話だと思いました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 自分よりちいさい子  投稿日:2021/12/03
でこちゃんとらすたくん
でこちゃんとらすたくん 作・絵: つちだ のぶこ
出版社: PHP研究所
この絵本をみて、子供にとって自分より小さい子の存在ってこんな感じなんだなと思いました。
「でこちゃん」は、今まで自分が一番小さく、皆から可愛がってもらっていたけれど、「らすたくん」は自分より小さくて、皆の愛情が一気にらすたくんに向きます。
一人っ子だった長男に、弟ができて、皆が弟にかまう姿に重なりました。
最後、二人ともなかよく遊ぶ姿がよかったです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 皆一緒に働いている  投稿日:2021/12/03
ぎゅうぎゅうかぞく
ぎゅうぎゅうかぞく 作: ねじめ 正一
絵: つちだのぶこ

出版社: 鈴木出版
「ぎゅうぎゅうかぞく」って何だろう?と思ったら・・・
お友達のお家は八百屋さん?家族、親戚みんなで協力して働いています。看板猫もいます。
昭和の大家族の姿だと思いました。
お友達が、「ぎゅうぎゅうかぞく」の紹介をしている視点が面白いですね。
参考になりました。 0人

あまりおすすめしない ながい  投稿日:2021/11/19
これはのみのぴこ
これはのみのぴこ 作: 谷川 俊太郎
絵: 和田 誠

出版社: サンリード
谷川俊太郎先生の作品です。
同じ内容を繰り返しながら、少しずつ増えていくストーリー。
読み聞かせする側の大人は、大変です。
私は、1冊の絵本を繰り返し読み続けると苦痛で、他の絵本を読みたくなるので、何度も同じ絵本を聞きたがる子供を持つ親は避けた方がいいと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 誰かのために  投稿日:2021/11/19
そらまめくんとめだかのこ
そらまめくんとめだかのこ 作・絵: なかや みわ
出版社: 福音館書店
なかやみわ先生のそらまめくんシリーズです。
そらまめくんの自分のベット好きとそのことを理解しているお友達たちの姿が、個人的に好きです。
自分のベットを使いたくない為に、お友達のベットに無理して乗ってひっくりかえる姿に、子供あるあるを連想してしまいました。
そんなに大事にしているベットを、自分の遊びの為には使わなかったのに、めだかさんを助ける為に使った、そらまめくんが偉いと思いました。
参考になりました。 0人

599件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット