話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ

きみーさんの公開ページ

きみーさんのプロフィール

ママ・40代・愛知県、男の子4歳 男の子1歳

きみーさんの声

581件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ
ふつうだと思う もぐもぐのあと  投稿日:2019/11/29
ノンタンもぐもぐもぐ
ノンタンもぐもぐもぐ 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
ノンタンシリーズの1冊です。
いつもの仲間がでてきます。
最初にもぐもぐしていて、何を食べているのかがでてきます。
子供に語りかけやすく、でてくる食べ物も、子供になじみのあるものばかりで、わかりやすいと思います。
個人的に驚いたのが、もぐもぐ食べることを教えるだけの絵本だと思いきや、歯磨きシーンがあったことです。
子供に習慣づけるのにとてもよいと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ぱんやさん  投稿日:2019/10/02
どんぐりむらのぱんやさん
どんぐりむらのぱんやさん 作・絵: なかや みわ
出版社: 学研
なかやみわ先生の絵本は、可愛いイラストで大好きです。
どんぐりむらシリーズ、第1作目を読んだことがあり、お仕事絵本としてとてもよかったので、「どんぐりむらのぱんやさん」を購入しました。
「ぱんやさん」を選んだ理由は、食べ物屋さんなら、子供の興味をひきやすいかなと思ったからです。
ぱんやさんの1日、新商品開発の苦労、自営業の子育てなどなど、可愛いイラストで、リアルでありながらもあたたかくかかれているのが、すごいと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 絵をみて、名前あて  投稿日:2019/09/29
あいうえお
あいうえお 絵: わらべ きみか
出版社: ひさかたチャイルド
プレゼントでいただいた絵本です。
子供に「あいうえお」を教えるのに、とてもよい絵本です。
絵もシンプルでかわいいです。
「あ」のページで、「あ」から始まる絵がかかれていて、親でも、これは○○かなと思いながら子供に教えながら読むのが楽しいです。
巻末に、答えがあるので、不安な場合は確認できます。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 難しい問題  投稿日:2019/08/19
このままじゃ学校にいけません
このままじゃ学校にいけません 文: ベン・ブラッシェアーズ
絵: エリザベス・バーグランド
訳: 福本 友美子

出版社: 犀の工房
不登校になりそうな女の子が主人公のお話です。
学校が苦手な子に読んで欲しい作品です。
母親が、女の子の話を真剣に受け止めて話し合いをしたからこそ、次の日も女の子は学校へ行きましたが、難しい問題だなと思いました。
考えさせられるお話です。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う こんにちは  投稿日:2019/08/18
こんにちは、ばいばい
こんにちは、ばいばい 作: サトシン
絵: 北村 裕花

出版社: 神宮館
たくさんの動物達がでてきて、「こんにちは」とあいさつしていく絵本です。
子供に「こんにちは」を教えつつ、動物も教えることができる絵本だと思いました。
繰り返し繰り返し「こんにちは」をしますが、次にどんな動物がでてくるのかも楽しめます。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う やさしさ  投稿日:2019/08/18
みんなありがとう
みんなありがとう 作: サトシン
絵: 北村 裕花

出版社: 神宮館
題名から、「ありがとう」という言葉を教える絵本かなと思いましたが、優しい気持ちが続いていく絵本だなと思いました。
親切にしてもらったり、教えてもらったり、それに対して、素直に「ありがとう」といったり、興味をもったり・・・そういったやりとりが自然で優しい気持ちになれました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う べたべた  投稿日:2019/07/23
にゃんこちゃん えほん(1) べたべた にゃんこ
にゃんこちゃん えほん(1) べたべた にゃんこ 絵・文: ひがしくんぺい
出版社: 復刊ドットコム
お母さんから離れたくない、べたべたしていたいにゃんこのお話です。
途中、魔法使いのおばあさんが唐突に出現しますが、荒療治で、べたべたしなくなります。
子供には、お友達と積極的に遊んで欲しい。
べたべたしすぎるのはよくないということを、わかりやすく表現している絵本だと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おはよう  投稿日:2019/07/23
おはよう
おはよう 作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子

出版社: グランまま社
題名のとおり「おはよう」がテーマの絵本です。
太陽が目覚めて、太陽として活動を開始するまでを描いています。
太陽が人間のようにパジャマをきていて、おふとんで目覚めて、あくびをしたりして、とても親しみやすいです。
ページ数は少ないですが、「おはよう」という言葉を覚えるのにとてもよいと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 動物のまね  投稿日:2019/07/23
まねっこ まねっこ
まねっこ まねっこ 作・絵: くろい けん
出版社: あかね書房
くろいけん先生のイラストだったので、手にとりました。
「ごんぎつね」のイラストと比べると、子供向けのテイストで、かわいいイラストです。
動物の鳴き声のまねっこをすると、ひげがはえたり、しっぽがはえたりとユーモアがあります。
泣くと元に戻る設定も面白いです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ピクニック  投稿日:2019/07/23
パオちゃんのたのしいピクニック
パオちゃんのたのしいピクニック 作・絵: なかがわ みちこ
出版社: PHP研究所
パオちゃんシリーズで、以前「パオちゃんのたのしいおさんぽ」を読んだことがあり、どう違うのかなと思い手に取りました。
お散歩は公園が舞台でしたが、ピクニックは山が舞台です。
ただ、季節は両方共に秋で、葉っぱなどで遊ぶ過程は似ています。
ピクニックなので、お弁当を交換したりして、和やかな内容です。
参考になりました。 0人

581件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ

かこさとし絵本復刊記念レビューコンテスト

出版社おすすめ

  • たなばたバス
    たなばたバスの試し読みができます!
    たなばたバス
    作・絵:藤本 ともひこ 出版社:鈴木出版
    今年の七夕も、たなばたバスがしゅっぱつしバース!
  • ひとは なくもの
    ひとは なくものの試し読みができます!
    ひとは なくもの
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    「泣く子はきらい」ってお母さんは言うけれど、一つ一つの涙にはちゃんと理由があるんだよ!心うたれる絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット