クリスマスのかくれんぼ クリスマスのかくれんぼ
作・絵: いしかわ こうじ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
大人気!「これなあに?かたぬきえほん」のスペシャル版です。ツリーやトナカイなどクリスマスのいろいろがいっぱい登場します。

おむすびママさんの公開ページ

おむすびママさんのプロフィール

ママ・40代・新潟県、男15歳 男10歳

自己紹介
小学校の図書ボランティア暦5年目
中学1年と小学2年生の男の子のママです。
好きなもの
ほんわか系
ひとこと
子供に本が読ませたくって、自分がはまっている感じです。
ブログ/HP
小学校で行った絵本読み会の記録あり!

おむすびママさんの声

33件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 声色をかえて読みました  投稿日:2008/07/17
わにさんどきっ はいしゃさんどきっ
わにさんどきっ はいしゃさんどきっ 作・絵: 五味 太郎
出版社: 偕成社
お互いに怖がっているわにさんと歯医者さんの
声色を変えて読んであげると
子供たちもとても喜んでくれてよかったです。
無事むしばを治すことができて子供共々ほっとしました。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う きれいな世界でした  投稿日:2008/06/18
おほしさまかいて!
おほしさまかいて! 作・絵: エリック・カール
訳: さのようこ

出版社: 偕成社
小学校1年生の子供たちへ読んであげました。
きれいな色彩とテンポ良いリズムで素敵な絵が描かれていき
最後にみんなでそろって星を書くと
絵本の世界に入り込んだようでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 旅行に行きたくなりました  投稿日:2008/06/18
くまくまさんのがいこくりょこう
くまくまさんのがいこくりょこう 作: 中川 ひろたか
絵: はた こうしろう

出版社: ポプラ社
せっかく旅行の計画を立てたくまくん一家が
旅行にいけるのかどうか?
いろいろなことがおこるたびにハラハラ、ドキドキ
最後まで目が話せないお話でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわいらしいお話です  投稿日:2008/03/06
くれよんのくろくん
くれよんのくろくん 作・絵: なかや みわ
出版社: 童心社
仲間はずれにされてしまったくろくんですが
思いがけない助け舟でみんなの人気者になれて
素直によかったと思えるのと、その思いがけないアイデアがほのぼのと感じられ、とてもかわいらしく思われました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やせ我慢が伝わってきます  投稿日:2008/03/06
かいじゅうなんかこわくない
かいじゅうなんかこわくない 作・絵: ホリー・ケラー
訳: すえよし あきこ

出版社: BL出版
怖くないもん・・・と言いながらほえてみたり、かいじゅうのまねをしてみたり、本当は怖いんだという気持ちが子どもにもわかるようです。お父さんにお前の方が怖いと言われるのが最高潮
大笑いなんですが、最後に本当の勇気をだすことができ、親子で笑ったり、ハラハラしたり、ほっとしたりできる本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい みんな知っていると思いますが・・  投稿日:2008/03/06
こびとのくつや
こびとのくつや 原作: グリム
文・絵: いもと ようこ

出版社: 金の星社
きっとみなさんどこかで読んで知っていると思うのですが
いもとさんのかわいらしい絵で、再度確認できるような気がします。
とても懐かしく読むことができました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う できなくってもいいんです  投稿日:2008/03/06
すえっこおおかみ
すえっこおおかみ 作: ラリー・デーン・ブリマー
出版社: あすなろ書房
今はお兄ちゃんやお姉ちゃんみたいに何でも上手にできないけど、がんばってねって言いたくなります。

お兄ちゃんやお姉ちゃんにも、きっと出来なくて悲しい思いをしたことがあったはず。お父さんの励ます言葉も見習いたいなって思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぎょうざが作りたくなりました  投稿日:2008/03/06
ぎょうざつくったの
ぎょうざつくったの 作・絵: きむら よしお
出版社: 福音館書店
子どもたちにとって台所は憧れの場所なのかなあ
ましてや、いろいろなものを入れてあんなにおいしく出来上がるぎょうざは不思議な食べ物かもしれません。
自分たちで作ったぎょうざは、どんな物でもおいしかったと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 恐竜の知らなかった一面です  投稿日:2008/03/06
だくちる だくちる はじめてのうた
だくちる だくちる はじめてのうた 作: 阪田寛夫
絵: 長 新太

出版社: 福音館書店
やわらかい色彩と静かに続く言葉は
とてもなつかしい気持ちにさせられます。
ゆっくりと間をあけて、5分ぐらいかけて読んであげると
子どもの頭の中にも恐竜の世界が広がり
お友達ができてよかったねと一緒に喜ぶことができました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 雪遊びがしたくなります  投稿日:2007/03/11
サボテンたちのゆきあそび
サボテンたちのゆきあそび 作・絵: 川端 誠
出版社: BL出版
川端さんの絵はいつもとてもリアルでサボテンたちの姿が生き生きと描写され
ぜったいにありえない南国の国の植物サボテンと雪の組み合わせがおもしろいです。
そりで遊ぶ姿を見て、子供たちも思わず雪遊びがはじめたくなるような絵本です。
参考になりました。 1人

33件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

『語りかけ絵本 どんぐり』こがようこさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット