宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

宗村蔵人さんの公開ページ

宗村蔵人さんのプロフィール

その他の方・30代・東京都

宗村蔵人さんの声

2件中 1 〜 2件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 垣根を越えた愛情の大切さ。  投稿日:2010/08/26
シニガミさん
シニガミさん 作・絵: 宮西 達也
出版社: えほんの杜
損得勘定無しの愛情、友情の大切さ、命の尊さを学ぶことの出来る物語。

結末がどうなるのか、はらはらどきどきします。
心のどこかで祈りながら読み進めている自分がいました。

読み終わった後はきっと心が温かくなる、そんなお話です。
素敵な時間をありがとうございました。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい 真に尊いもの  投稿日:2010/08/16
ちいちゃんのかげおくり
ちいちゃんのかげおくり 作: あまん きみこ
絵: 上野 紀子

出版社: あかね書房
涙がとまらない。
ただ悲しいというのではなく
真に尊いもの、伝えるべきものを
改めて知ったと思った。

生きたい。
守りたい。
大切にしたい。


確かに存在した過去を

忘れてはいけない。
学ばなければいけない。
伝えていかなければいけない。

戦争は僕らの心の中にある。
創り出すのも消し去るのも
僕ら自身だ。

未来は今の僕らの手、心により
どうにでも変わりうる。

もしそうであるなら
皆の力で平和な未来にしていこう。

子供達にもそう思ってもらいたい。

この絵本をつうじて
大切な家族と一緒に
温かな未来を築いていきたい。

そう思います。

ありがとうございます。
参考になりました。 0人

2件中 1 〜 2件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット