つくろう! とびだす きょうりゅうはくぶつかん つくろう! とびだす きょうりゅうはくぶつかん
作: ジェニー・ジャコビー 絵: マイク・ラブ & ビアトリス・ブルー 訳: 田中薫子 監修: 平山廉  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
トリケラトプス、ティラノサウルスなど、5つのポップアップを自分で作る、ずかん絵本!

ブルーグラスさんの公開ページ

ブルーグラスさんのプロフィール

ママ・50代・東京都、女の子20歳 男の子17歳

ブルーグラスさんの声

3件中 1 〜 3件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う もう1人の自分  投稿日:2014/09/19
かがみのなか
かがみのなか 作: 恩田 陸
絵: 樋口 佳絵
監修: 東 雅夫

出版社: 岩崎書店
学校の朝の読み聞かせで4年生に読みました。

怖いお話を朝から読むのはどうかな?と思っていました。
なので先にこの「かがみのなか」を読み、その後に「しゃっくりがいこつ」という楽しいお話を読みました。

「怖いお話を先によみます」と言うと、みんな固くなりながらもすごく集中して聞いていました。怖いもの見たさが子供達にもあるんだな〜と思いました。
この話では普段の自分と、違う一面を持つもう一人を鏡を通して上手く対比させていると思いました。

この本を読んだ中学生の長女が、最後のページで少女が鏡の中から「ただいま」と言って出てくるのですが「この子最初に出てきた子じゃない。髪のピン止めと名札の字が逆だよ」と言ってました。気ずきませんでした!いつの間にか入れ替わっていたのですね。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 5,6年生の読み聞かせで読みました  投稿日:2013/10/23
おもいのたけ
おもいのたけ 文: きむら ゆういち
絵: 田島 征三

出版社: えほんの杜
高学年向けの絵本選びには迷いますが、この絵本は高学年はもちろん、どの学年でも大丈夫です。タヌキが大嫌いなキツネの悪口をキノコに叫びます。キツネも同じように悪口を叫ぶのですが、後でバッタリ2匹は道で出会いお互い笑顔でお祭りに行こうと誘うのです。このシーンのお互いの表情がとってもユーモラスで子供達からも笑い声が上がりました。大人でもこんな経験ってあるな〜とふと思いました。リスの子が、お母さんから「お兄ちゃんなんだからしっかりしなさい」といつも言われ、「自分だって子供なんだから〜てん」と叫びます。このシーンでは、ある男の子がウンウンと何度もう頷いていました。家でよく言われているんだな〜と感じました。私自身も気をつけねばと思いました。                                                    読み手も聞き手も、お話にグイグイ引き込まれ、最後の結末はとてもすっきりします。                   
参考になりました。 5人

自信を持っておすすめしたい わくわくドキドキの連続  投稿日:2012/05/24
福音館文庫 木馬のぼうけん旅行
福音館文庫 木馬のぼうけん旅行 作: アーシュラ・ウィリアムズ
絵: ペギー・フォートナム
訳: 石井 桃子

出版社: 福音館書店
長女が4年生の頃熱心に読んでいた本を初めて読んでみました。
素晴らしい腕を持つおもちゃ作りのおじいさんがいました。ある時おもちゃが売れなくなり、おじいさんに作られた木馬がお金に困ったおじいさんのために、お金儲けの旅にでます。

旅先で木馬は危機一髪の運命に何回もあいます。でもその度に強く、たくましく成長していきます。

一生懸命な木馬の奮闘を読んでいるうちに、頑張れ!頑張れ!と思わず力が入っている自分に気が付きました。

子供に帰ったように、わくわくドキドキしたひと時でした。今度、長男のクラスでの読み聞かせで読もうと思っています)^o^(
参考になりました。 0人

3件中 1 〜 3件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット