新刊
家守神(3) 金色の爪と七不思議

家守神(3) 金色の爪と七不思議(フレーベル館)

拓の小学校で怪事件発生!?

  • 笑える
  • 盛り上がる
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

TOP500

金のりんご

ママ・40代・神奈川県、女15歳 男12歳 男9歳

  • Line
自己紹介
今までたいした挫折も経験せずに生きてきたので、この歳になって、10代でするような自分探しをしてしまい、自分のいろいろな面を発見して驚いたり、納得したりしています。子育てに一息ついた時、自分に出来ることは何かと考えたら、児童書に係わることだったので、今は、学校や地域で楽しくお話会をしています。
絵本は、子どもだけでなく大人も癒されることが多いので、大人のためのお話会(お茶菓子付き)を開いて、そこで『だいじょうぶ だいじょうぶ』を読むのが、最近のささやかな夢です。

家族の写真付き年賀状を送ると、全員そっくりと言われる五人家族です。
好きなもの
●なんといっても「八犬伝」
  昭和40年代にNHKで放映していた人形劇『新八犬伝』が大好きでした。
  そこから八犬伝にはまり、卒業論文も八犬伝でした!
  歌舞伎の手拭いから犬張子まで、八犬伝関係のものを集めています。
●児童文学
  一人で読むのも好きですが、声に出して読むのも大好きです。
  私にとっての別格は 安房直子。
  いとうひろし、富安陽子、高楼方子、ファージョン、リンドグレーン、あさのあつこ、
  香月日輪、茂市久美子、森絵都、竹下文子、岡田淳 などなど・・・
ひとこと
あまり根を詰めて投稿していたので、しばらくお休みしたくなってしまい、1ヶ月以上このサイトを開くこともありませんでした。
久しぶりに来てみたら、お気に入りに登録させていただいている方たちが、相変わらず頑張って投稿されていて、なんだか嬉しくなってしまいました。
投稿を休んでいた2ヶ月間は、児童書に限らず様々なジャンルの本を読み漁り、新しい作家にもたくさん出会いました。
絵本にもまた、新たな気持ちで向かっていきたいと思っています。

金のりんごさんの声

1134件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 体温を感じる遊びがいっぱい  投稿日:2007/08/07
あかちゃんとお母さんのあそびうたえほん
あかちゃんとお母さんのあそびうたえほん 編: 小林 衛己子
絵: 大島 妙子

出版社: のら書店
抱っこの赤ちゃんから幼児くらいまでが対象の、親と子で遊ぶ絵本です。
耳に心地よい言葉・歌がいっぱい入っています。
子どもの顔をなぞっていくものから、子どもを投げ飛ばすものまでいろいろな遊びが紹介されていますが、どれもこれも親子がぎゅっとくっついてできる、体温を感じることの出来る遊びばかりです。

  めんめん すーすー けむしし きくらげ ちゅ!

なんて、なんてことない遊びなのに、小さい子どもの遊び場で、保育の先生がやっているのを見たら、なんと子どもの喜ぶこと!

抱っこを嫌がって逃げていく前に、こういう親子遊びをいっぱいやっておきたいものですね。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 銭湯の一日  投稿日:2007/06/30
ふくのゆのけいちゃん
ふくのゆのけいちゃん 作・絵: 秋山 とも子
出版社: 福音館書店
昔ながらの銭湯を舞台にした絵本です。

2ページ目に町を上から見た絵が出てきたときは、町全体に昭和の匂いがプンプンしていて、心臓を鷲掴みにされたように、いい!と思いました。
けれど、お風呂場と自宅がくっついている絵が出てきたあたりから、この銭湯+自宅の全体の構造がよくわからなくなってしまいました。
何度も前のページに戻って、部屋の位置を確認したりしながら読み進めましたが、今ひとつ把握できませんでした。
もう少しスッキリしていたら、もっと良かったのに。

ペンキやさんが、お風呂場の絵を描き替えにきたり、裏の方では、一心不乱にマキをくべたりと、普段見ることのできない部分が出てくるのはとても楽しかったです。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 大事なのは、子どもとぬいぐるみの関係  投稿日:2007/06/29
ビロードのうさぎ
ビロードのうさぎ 作: マージェリィ・W・ビアンコ
絵・訳: 酒井 駒子

出版社: ブロンズ新社
小さい頃、石井桃子さんの訳の『スザンナのお人形/ビロードうさぎ』を読みました。
「ビロードうさぎ」は、この本と同じお話ですが、感動的というより、なんとなく物悲しい印象がありました。
病気のぼうやを励まし続けたうさぎを待ち受けていた宣告に対して、物凄くショックを受けてしまい、最後のもう一つの逆転をもってしても、そのショックを拭い去ることができなかったように思います。

大人になって、大判で、「ビロードうさぎ」だけで一冊になったこの絵本を読むと、(筋を知っていたこともありますが、)過酷な宣告よりも、その後の転生の方に目がいって、救いを感じることができました。

ただ、もしかすると、本物のうさぎになるより、ぼうやのおもちゃであり続ける方が幸せなのかもしれないかな、とちょっぴり思ってしまいました。
大事なのは、ぼうやとぬいぐるみのうさぎとのつながりが親密で深いことであって、本物のうさぎになるかどうかは特別重要なことではないという気がします。

結末はどうあれ、酒井駒子さんの絵が素晴らしい、読み応えのある絵本です。
参考になりました。 3人

自信を持っておすすめしたい 「母と子ども」として読んでしまいました  投稿日:2007/06/28
ねえさんといもうと
ねえさんといもうと 作: シャーロット・ゾロトウ
絵: マーサ・アレキサンダー
訳: やがわ すみこ

出版社: 福音館書店
シャーロット・ゾロトウの本は、静かな中に深いものがあることが多いのですが、私はあまり積極的には読んでいませんでした。
でも、この本は、いろいろな場面でよく目にするので、興味を持ち、読んでみました。

守る者と守られる者。いつかは同等になるし、いつかは逆転することもあります。
そんなことを、この本はとても温かい目で描いていて、優しい空気が流れています。

姉さんと妹のお話ですが、私は、姉さんに母としての自分の姿を、そして妹に我が家の子どもたちの姿を重ねてしまい、胸がきゅんとなってしまいました。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい まさに「赤ちゃんカタログ」  投稿日:2007/06/28
あかちゃんのカタログ
あかちゃんのカタログ 作: ジャネット・アルバーグ アラン・アルバーグ
絵: ジャネット・アルバーグ アラン・アルバーグ

出版社: グランまま社
赤ちゃん用品がずらっと並んだ表紙の愛らしさに惹かれて読みました。
どこかで見た様な絵だと思ったら、ゆかいなゆうびんやさんシリーズの作者と同じでした。

内容は、タイトルの通り、まさに「赤ちゃんカタログ」です。
赤ちゃんの周りにあるものをずらっと羅列したもので、「あかちゃん」「おとうさん」「おかあさん」「うばぐるま」「あそび」「おもちゃ」等々のタイトルの下に、様々なタイプの「あかちゃん」やら「あそび」やらが載っていて、壮観です。

説明文なんて、何もないのに、すっごく面白くて、このカタログの断片から、赤ちゃんのいるいろいろな家庭の様子が垣間見ることができるような気がします。

小さいお子さんは絶対に喜びそう。
赤ちゃんのいるご家庭でも楽しく見ることができると思います。
参考になりました。 1人

ふつうだと思う ありそうでない世界の物語  投稿日:2007/06/28
くろいマントのおじさん
くろいマントのおじさん 作・絵: 金森宰司
出版社: 福音館書店
近所の地区センターで見つけたこの本の表紙に、“2000年ボローニア児童賞 大賞受賞”というシールが貼ってありました。
娘が、「すごい本なのかしら」と興味を持ってやってきたので、一緒に読みました。

多分、この本の魅力は、とても顔が小さいのに、とても大きな体をしたおじさんの姿ではないでしょうか。
このありえないバランスの登場人物の姿が、読者を、実際にはないけれど、どこかにありそうな不思議な世界に連れて行ってくれます。

でも、“大賞受賞”のシールにつられて、過大な期待を抱きすぎてしまって、娘と私は今ひとつ乗り切れませんでした。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい やっぱり大好き!このコンビ  投稿日:2007/06/27
こぶたほいくえん
こぶたほいくえん 作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
図書館で、この癒し系の表紙を見てしまったら、もう借りてくるしかありません。
やっぱりこのコンビの本には、読まずにはいられない魔力があります。

初めて保育園に行った元気いっぱいのこぶたちゃんたち。
そのドキドキとワクワクがよくわかります。
こぶたちゃんたちが大好きなかけっこで、保育園にするっと馴染み、保育園へ行くのを楽しみに思うようになっていく姿がとても愛らしい絵本です。

自然がいっぱいの中で、元気に遊ぶ子どもたち。
新しい仲間をすんなりと受け入れる子どもたち。
読んでいてとても気持ち良く、ほんのりと優しくて懐かしいお話でした。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 古き良き香りのする古典的絵本  投稿日:2007/06/27
アンガスとあひる
アンガスとあひる 作・絵: マージョリー・フラック
訳: 瀬田 貞二

出版社: 福音館書店
なんだか“古き良き香り”がするような絵本でした。
しりたがりやのアンガスは、おさるのジョージに似ています。ということは、子どもの姿そのものなんですよね!!
これは、絶対小さい子どもは喜ぶでしょう。
だって、自分にそっくりなんですもの。

音を聞いて、なんだろうと興味を持ち、すきを狙って、音のする方に忍び込み、あひるを見つけて追いまわし、果てはあひるに反撃されて、ソファの下に逃げていく・・・これって、もう本能の赴くままの行動そのものじゃありませんか!
なんだか、あまりにも小さい子どもそっくりで、笑ってしまいました。

そして、最後の文章もとてもおしゃれ。
そうだよね、もう今は何も考えたくないよね。
でも、明日になれば、また知りたがり屋で追求し屋に戻るんだよね、アンガスくん。
参考になりました。 1人

ふつうだと思う 未明の悲しみを反映?  投稿日:2007/06/27
金の輪
金の輪 作: 小川 未明
絵: 吉田稔美

出版社: 架空社
去年のクリスマスの頃に、この本を書店で見つけました。
小川未明の作品だったのと、大判のとても目を引く本だったので、その場で立ち読みしてしまいました。

途中までは、何か暗示的・幻想的な雰囲気があり、主人公は不思議な体験をして、それが現実となって思いもよらぬ幸せがやってくるのではないかなぁとなんとなく思っていました。
ところが、思いがけない展開にびっくり。

未明の子どもも小さいうちに亡くなったようです。
その気持ちが投影された作品なのだそうですが、物悲しい気持ちが残るお話でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いっしょにふうふう  投稿日:2007/06/26
ぷくちゃんのいただきまあす
ぷくちゃんのいただきまあす 作・絵: ひろかわ さえこ
出版社: アリス館
ぷくちゃんってなんて“子どもそのもの”なんでしょう。
そしてぷくちゃんのおかあさんも、とってもあったかい”理想のおかあさんそのもの”です。
ぷくちゃんの様子、おかあさんの対応、どちらも微笑ましくて、嬉しくなってしまうような絵本です。
特に、二人で熱いスープをふうふう冷ますところは、ぷくちゃんとおかあさんの仲の良さが伝わってきて、大好きな場面です。
最後の食べ物のいっぱい並んだところも、子どもと一緒に指差しながら楽しめますよ。
参考になりました。 0人

1134件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

みんなで参加しよう!えほん祭

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット