なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
えほんのまわりさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

マシェリさんの公開ページ

マシェリさんのプロフィール

ママ・40代・、女の子13歳

マシェリさんの声

22件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい うそをつくとむねがチクチク  掲載日:2012/1/12
あのね
あのね 作・絵: かさい まり
出版社: ひさかたチャイルド
図書館で見て小さい子向けの本に感じましたが、内容が良さそうだったので借りました。
読んでみて大正解!

誰のかわからない拾ったおもちゃ。
ちょっと借りるつもりがなかなか持ち主に返せなくて…。
つい嘘ついて胸がチクチク、ドキドキ。

小さい子なら誰でもついやってしまう出来事ですが、上手に返す方法を可愛いねずみを通じて教えてくれる素晴らしい絵本です。
嘘付くと胸がチクチク・ドキドキするという表現も、子どもにとても分かりやすいと思いました。

こういう絵本を繰り返し読むことで、子どもの心にも善悪の区別がついていくと私は思っています。叱ったりするよりも絵本を通じての方が子どもの心へスムーズに伝わるかも…。
お友達と喧嘩しがちな小さいお子さんに是非一度読み聞かせして欲しい一冊です。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う ストーリーは好きだけど…  掲載日:2012/1/10
かぼちゃひこうせんぷっくらこ
かぼちゃひこうせんぷっくらこ 作: レンナート・ヘルシング
絵: スベン・オットー
訳: 奥田 継夫

出版社: アリス館
ひとつの種を植えたら大きなかぼちゃに成長して、かぼちゃの飛行船に乗って冒険するというストーリーは面白いです。

原作はきっと夢のある素敵なお話だと思うのですが、訳がなぜか古典的で子どもには分かりづらいようでした。
娘はこくごを習い始めたばかりの小学校一年生なので、「なんで『たのしい』じゃなくて『たのし』なの?」と質問され、説明に戸惑いました。
リズム感を付けたかったのかもしれませんが、『たのし』を覚えてしまうと混乱して正しい表現が出来なくなるでは?と不安を感じました。

ラストの場面は
いるかいないか わからない
ふしぎなくまを のせながら
ぷっくらこぉ ゆったりこ
と終わっています。

絵本なので楽しくくまが冒険した様子で普通に終わっても良かったと思うのですが…いるかいないかわからないくまの話となっています。何か深い意図があるのでしょうか?
私も娘も状況が理解出来なくて、不思議な終わり方でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ドラマのような絵本  掲載日:2011/11/21
きょうはなんのひ?
きょうはなんのひ? 作: 瀬田 貞二
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
お話の完成度が高くて、
感動的なショートドラマを観ているような絵本でした。

手紙の頭文字で「けっこんきねんびおめでとう」のメッセージを作ったり、折り紙で器用にたくさんの小箱を作ったり…。
いったいまみこちゃんは何歳なの?とふと思いましたが、お手紙が全部ひらがなだから一年生くらいの設定でしょうか。
まみこちゃんはとても頭の良い子なのでしょうね。

子供向けというより大人が読んで感動する本という印象でした。
家族みんなの笑顔がとても素敵で、読んでいる方もホッと幸せな気持ちになりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う お片づけが苦手なお子さんに  掲載日:2011/11/21
くまのサーシャはなくしやさん
くまのサーシャはなくしやさん 作: クレール・マシュレル
絵: ローラン・リエナール
訳: 末松 氷海子

出版社: 童話館出版
お片づけが苦手なくまのサーシャはいつも何かを探しています。
子供ってついどこかにおもちゃを置いて、また違うおもちゃで遊び始めますよね…。
でもある日くまのサーシャはそれではいけないと気づき、自らお片づけを始めます。ちゃんと箱とラベルで仕分けして!
結局またすぐお部屋は散らかってしまうのですが、自ら片付けようと思った子供の気持ちを私も大切にしてあげなくちゃと思いました。
この本を読んだ子供も少しはお片づけについて考えてくれるのではないでしょうか?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい シンプルだけど楽しいお話  掲載日:2011/11/18
おかえし
おかえし 作: 村山 桂子
絵: 織茂 恭子

出版社: 福音館書店
子供が学校から借りてきました。
はっきりしたイラストと分かりやすいお話で、とても読みやすかったです。

きつねとたぬきがひたすら「おかえし」を繰り返すというシンプルな内容ですが、途中で子供をおかえしするところはちょっとびっくり!
でも結局最後は元に戻ってしまうという結末は面白かったです。

人から親切にされたらおかえしをするという大切なメッセージを子供にも分かり易く伝えてくれる、とても素晴らしい絵本だと感じました。

最近読んだ中ではかなりお気に入りの一冊となりました♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人気のせっけん  掲載日:2011/10/30
からすのせっけん
からすのせっけん 作: むらやまけいこ
絵: やまわき ゆりこ

出版社: 福音館書店
「からす」が主人公の絵本って珍しいですよね。
からすってちょっと怖いイメージがありますが、この絵本のからすはとても優しいです。

素敵なせっけんを拾ったからすは、もりのみんなにもせっけんをかしてあげます。
動物達に大人気のせっけんはどんどん小さくなって…。
結局せっけんはなくなってしまったけれど、みんながきれいになって嬉しい「からす」。

なかよしの動物達に心温まる素敵な作品です。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う ちょっと期待はずれ  掲載日:2011/10/28
ものすごくおおきなプリンのうえで
ものすごくおおきなプリンのうえで 作: 二宮 由紀子
絵: 中新井 純子

出版社: 教育画劇
小学校の読書感想文の課題図書に指定されていたので、図書館で予約して借りました。
タイトルと表紙に魅力を感じてとても楽しみに読んだのですが、内容はちょっと期待はずれでした。

タイトルにもあるとおり、ものすごくおおきなプリンの上で色々な事に挑戦するならまだ良いのですが、テーマは「なわとび」が中心になっていてプリンの話は最初の2ページのみ。
これならタイトルは「いろんなお菓子の上でなわとび」の方がいいのでは?と思ってしまいました。

最後は突然地震の話が出てきて、地震でショックを受けている子供達に読んでしまったらと思うと恐ろしく感じました。
うちの娘は笑って読んでいましたが、被災地の子供達への読み聞かせにはお勧めできません。

課題図書になっているくらいなので素晴らしい作品なのかもしれませんが、残念ながら私はなんとなく後味が悪い絵本でした。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい イラストもお話も親子で大好きです!  掲載日:2011/10/17
ないしょのおともだち
ないしょのおともだち 作: ビバリー・ドノフリオ
絵: バーバラ・マクリントック
訳: 福本 友美子

出版社: ほるぷ出版
こちらのサイトでこの本の存在を知り、図書館で借りてきました。

細かいところまで描かれた大きなイラストで、イラストを見てるだけでも充分楽しめます。
お話の構図やテンポも良く出来ていて、とても読みやすいと感じました。
ネズミはちょっと苦手ですが、この本では可愛らしく描かれています。

みんなのお家にもこんなネズミがこっそり住んでいるかも?
子供時代にこんな「ないしょのおともだち」がいたら素敵ですね!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 学校での読み聞かせで読みました  掲載日:2011/10/7
おばけのてんぷら
おばけのてんぷら 作・絵: せな けいこ
出版社: ポプラ社
小学一年のクラスでの読み聞かせで読みました。
この本を選んだのは、はっきりしたイラストとテンポの良いお話が読み聞かせに向いていると感じたからです。
せなけいこさんの絵本を読んだのは初めてだったのですが、大変人気があるようですね!

おいしいてんぷらを揚げるうさこはうっかり自分の眼鏡をてんぷらにしちゃったり、危うくおばけのてんぷらを作りそうになったり…。
さりげなくてんぷらの作り方も紹介していて、子供たちもきっとてんぷらを食べたくなっちゃいますよ♪

今回初めての読み聞かせで緊張して子供達の表情を見る余裕がなかったのですが、とてもおもしろいお話で私の娘はお気に入りの絵本になったようです。

シリーズでたくさん出ているようなので、是非他にも色々読んでみたいと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かっぱってちょっと怖いイメージだったけど…  掲載日:2011/10/5
がっこうかっぱのイケノオイ
がっこうかっぱのイケノオイ 作: 山本 悦子
絵: 市居 みか

出版社: 童心社
読書感想文の課題図書になっていたので気になって、図書館で2カ月待って借りました。

『かっぱ』って怖いイメージだったけど、この本に登場する河童は小さくて踊りが好きな可愛い河童です。
娘と一緒に読んでいく中で、私も不思議な河童の世界に惹きこまれて行きました。

河童を通じてこの本が伝えたかった事…。
生き物を飼うという事の難しさや、学校は特別な場所であるということ。
学校の池に住む河童が大好きな学校の音は『わらいごえ』。
素敵なお話だなと思いました。

私もボランティアやイベントなどで学校に行くと子供たちの笑顔に元気をもらいます。
学校はやっぱり河童が好きな『わらいごえ』いっぱいの場所であって欲しいですね!
参考になりました。 0人

22件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

あざやかな色彩と造形!赤ちゃん絵本の王道いないいないばあ

出版社おすすめ

  • はるがきた
    はるがきた
    作・絵:ロイス・レンスキー 訳:さくま ゆみこ 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    おひさま ぽかぽかかぜは さわやか

全ページためしよみ
年齢別絵本セット