宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

寅子さんの公開ページ

寅子さんのプロフィール

ママ・30代・長野県、男の子10歳

寅子さんの声

31件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい おやこで大好き  投稿日:2012/12/17
ノラネコぐんだん パンこうじょう
ノラネコぐんだん パンこうじょう 作: 工藤 ノリコ
出版社: 白泉社
工藤さんの本はどれもおやこでお気に入りです。
可愛いイラストと細かいこだわりで楽しさいっぱいです。
主人公はちょい悪!だけど憎めないかわいらしさがあるねこちゃんたち。
パン工場に興味を持ったねこちゃんたちのやらかしっぷりに思わずくすりとしてしまいます。
わたしは泥棒スタイルのねこちゃんたちがお気に入り。
息子は大胆なパン作りの様子にワクワク。
最近寝る前のリクエストはいつもこの本です。
参考になりました。 1人

あまりおすすめしない 小さな子どもにはよくないと思いました  投稿日:2012/12/17
にんげんごみばこ
にんげんごみばこ 作・絵: のぶみ
出版社: えほんの杜
タイトルにドキッとして全ページ試し読みしました。
にんげんごみばこの前に捨てたい人を抱えて並ぶ子供たちの姿は正直ショックが大きく頭から離れなくなりました。
のぶみさんの子供が描いたようなかわいらしい絵だから余計に、この絵を子供が描いたような衝撃の錯覚にとらわれてしまいました。

のぶみさんの伝えたいことはひしひしと感じられますが、小さい子供にはストレートすぎて読める本じゃないと感じました。
なら何歳ならいいのか…難しいですが…
気持ちが成長して人との繋がりや大切さがわかっている分、良くないことだとわかっていても憎しみや嫌だなって感情を抱いてしまう自分がいることをわかっている人が読むものかなと感じました。

衝撃はありましたが読んで後悔はないです。むしろ今この本に出会えて、のぶみさんの最後の文にあった、許すという気持ち。再確認できてよかったです。
参考になりました。 3人

なかなかよいと思う 行列をみると気になるよね  投稿日:2012/12/17
まってるまってる
まってるまってる 作: 高畠 那生
出版社: 絵本館
行列をみると何何〜〜??と気になるのが人間のさが(^v^)

この本もそんな何何〜?がつまってました。
作者さんの絵もユーモラス!!
個人的に鬼さんがすごくきになった!!

行列に並びながらお腹が膨れていって最後は……!!

人間の可愛い欲深さがよくでています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おやこで楽しく間違い探し  投稿日:2012/12/08
どっちがへん? スペシャル
どっちがへん? スペシャル 作: いわい としお
出版社: 紀伊国屋書店
間違い探しや迷路などが好きな息子が喜ぶかなと思い一緒に読みました。
あんまりにもおかしな間違いに息子は大騒ぎ!なんだこれ〜〜!!変なの〜〜!!と大ウケでした。
実際じゃあり得ないけどあったら面白いと思う世界って子供は大好きですよね。
作者さんの子供を引き込む面白い間違いの発想力に脱帽です!驚きと楽しさで、親子でワイワイ読みました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 和菓子のとりこ!  投稿日:2012/09/17
和菓子の絵本
和菓子の絵本 作・絵: 平野 恵理子
出版社: あすなろ書房
和菓子好きにはとっても嬉しい本です。
和菓子の種類や地域別の紹介や作り方まで、わかりやすくそして絵がかわいらしい。
大人も楽しめる絵本です。もちろんこどもも楽しめると思います。
バラエティー豊かな和菓子たち、知らない物やこうやってできるのかあと新しい発見もあります。
日本の大傑作、見て楽しい食べて楽しい和菓子!
たくさんの人に読んでほしいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい わくわくバースデー  投稿日:2012/09/17
ピヨピヨ ハッピーバースデー
ピヨピヨ ハッピーバースデー 作: 工藤 ノリコ
出版社: 佼成出版社
ピヨピヨシリーズ大好きな息子にちょうどお誕生日が近かったので読んであげた本です。

仲良し元気なピヨピヨ兄弟のお誕生日をお祝いするお話です。
お誕生日をお祝いしてもらう子供たちのワクワク感と、お祝いする親のワクワク感が詰まったお話でした。
読んでるこっちも楽しくなっちゃいます。

とくにケーキ屋さんやおもちゃ屋さんは作者さんの細かい絵心がとてもよく出ていて、隅から隅までじっくり見て楽しめます。

息子は最後にでてくる大きなプリンにメロメロでした。

この絵本みたいなお誕生日きっと誰でもとっても嬉しくて楽しくなっちゃうよなあいいなあと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 思わず笑っちゃいます  投稿日:2012/09/17
うんこ!
うんこ! 文: サトシン
絵: 西村 敏雄

出版社: 文溪堂
図書館でうんこだあ!!と息子が飛びついたのがこの本でした。
わたしは何大声で言ってるの?!とぎょっとしましたが表紙を見たら何だが可愛いうんこじゃん!と思い息子と読んでみることに…

ページをめくるたびに大笑いの息子。
こどもってうんこってだけで何でこんなに笑えるのか!そして連続で続いていくのって大好きですよね。
作者サンは子供の心を良くとらえているなと感じました。

参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわいい!ちびころおにぎり  投稿日:2012/08/19
ちびころおにぎり なかみはなあに
ちびころおにぎり なかみはなあに 作・絵: おおいじゅんこ
出版社: 教育画劇
おにぎりを作るときに最後の余ったご飯で作った小さなおにぎり
それがちびころおにぎりです。

中身がないちびころは仲間のおにぎりたちと自分の中身を探すため台所の中を探検にでます。

かわいらしい絵とテンポの良い読みやすい文章で子供が引き込まれること間違いなし!な本です。
身近な食べ物がたくさん出てくるお話って子供は大好きですよね。

とくに息子は、冷蔵庫の中に入るページが気に入っています。
本を縦にして読むのですが、冷蔵庫の中は賑やかでさらに冷凍庫まであって、ワクワクしながら見ていました。

さてさてちびころの中身は見つかるのでしょうか…読んでからのお楽しみです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 大好きなお団子頭が……!  投稿日:2012/08/19
おだんごちゃん
おだんごちゃん 作・絵: おかべ りか
出版社: 童心社
団子頭のお団子の部分が頭から離れて飛び出しちゃう!!ってゆう
発想がすごい!!

3歳の息子にはまだちょっと意味がわからなかったのか、なんで髪の毛が取れちゃうんだろう…といった感じでありのままを受け入れてしまい思ったよりウケなかったのですが私はとっても面白かったです。
もう少し年上の子たちのほうがおもしろさがより一層わかると思います。

お風呂に入るとき以外はお団子オンリーのお団子頭命のお団子ちゃん。頭から離れてぴょんぴょん逃げ回るお団子を必死に追いかけるお団子ちゃんがかわいらしかったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あじのある絵とやさしいお話  投稿日:2012/08/19
おめでとうおひさま
おめでとうおひさま 作: 中川 ひろたか
絵: 片山 健

出版社: 小学館
読んでから気付いたのですが、新年のお話でした。
でもお正月に限らずいつでも読んでいい本だと思いました。

暗ーい海や暗ーい山からからぽんっと出てくるお日さま。
パッと世界は明るくなって、海の生き物や動物がおひさまを迎えます。
お日さまが新しい年をみんなにどうしたいか聞くと、みんなは「なるべくおこらない」とか「なるべくわらう」といいます。
そのあえてなるべくっていうのがすごくいいなあと思いました。

海の生き物や動物たちが今年の抱負を言っている姿は可愛くて平和って感じにほっこりしました。
参考になりました。 0人

31件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

『だれのパンツ?』シゲリカツヒコさん インタビュー!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット