かいぶつのとしょかん かいぶつのとしょかん
作: ふくいりえ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
登場人物が飛び出てくる!? 不思議な図書館のものがたり、はじまります!

はなねままさんの公開ページ

はなねままさんのプロフィール

ママ・30代・愛知県、女4歳

はなねままさんの声

58件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 字に興味を持ったらおすすめです  投稿日:2008/01/18
まあちゃんのながいかみ
まあちゃんのながいかみ 作・絵: たかどの ほうこ
出版社: 福音館書店
娘も髪をのばしているのですが まあちゃんが思っているくらい長く伸ばすとはりきっています。次は何をするのだろうと 子供の興味をそそる文章で わくわくしながら聞いていてくれました。1ページの文も少なく カタカナも少ししかでてこないので、ひらがなを覚えて字に興味がでてきた子には 自分で読むにもちょうど良い絵本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 不思議な言葉つかいでやさしい感じ  投稿日:2008/01/18
モモちゃんとアカネちゃんの本(2)モモちゃんとプー
モモちゃんとアカネちゃんの本(2)モモちゃんとプー 作: 松谷 みよ子
絵: 菊池 貞雄

出版社: 講談社
娘をもってはじめてモモちゃんの本に出会いました。現実の世界の中の 子供だけにしかわからないであろう 不思議な体験や感覚がそのまま表現されており 自分の幼い頃のなんともいえない感覚を思い出しました。子供の不思議な気持ちを 夢や空想で終わらせてしまっていたので もう少し大事に受け止めてあげないといけないと考えなおすようになりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわいいイラスト  投稿日:2008/01/17
ぐりとぐら
ぐりとぐら 作: 中川 李枝子
絵: 大村 百合子

出版社: 福音館書店
小さな体のぐりとぐらが 大きな大きな卵を頭をフル回転させてお料理していく様子が とてもかわいく表現されています。小さな体の子供たちも頑張ればいろんなことができるというメッセージが子供をやる気にさせてくれると思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 色の違いは何でもないこと  投稿日:2008/01/17
まっくろネリノ
まっくろネリノ 作・絵: ヘルガ=ガルラー
訳: 矢川 澄子

出版社: 偕成社
以前娘が 黒い肌の人に直接、 なんで黒いの?と聞いていました。色が違うだけだと うまく説明できなくて 言葉をにごしてしまいましたが ネリノを一緒に読んで なんとなく実感したようです。絵本の力ってすごいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お絵かき大好きっ子は絶対はまる!  投稿日:2008/01/17
くれよんのくろくん
くれよんのくろくん 作・絵: なかや みわ
出版社: 童心社
絵本を一度読んであげたら 次に読む時、紙とクレヨンと絵本を用意していました。私が読むと お話のとおりに絵を描いて 最後には(シャープペンのお兄さんは爪楊枝のお兄さんになってたけど)夜空に素敵な花火を打ち上げることが出来て大喜びしていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 3歳の娘もお気に入り  投稿日:2006/12/06
講談社青い鳥文庫 ちいさいモモちゃん モモちゃんとアカネちゃんの本 1
講談社青い鳥文庫 ちいさいモモちゃん モモちゃんとアカネちゃんの本 1 作: 松谷 みよ子
絵: 菊池 貞雄

出版社: 講談社
まだ早いかな?という心配もよそに 3歳の娘に読んであげたら、次も次もとせがまれて 夢中で聞いてくれました。
ちょうど 3歳児には身近な内容だったようで 絵を見なくても理解でき、頭の中で自分だけのお話の絵が想像できて、より楽しんでいるようでした。
また、 松谷さんの言葉の使い方がとても心地良く感じられ、読み手も心をこめて読んであげられます。まだ このシリーズは一冊目ですが 次も購入しようと思っています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい せっかく作ったパン つぶしちゃったけどね  投稿日:2006/04/04
ジャッキーのパンやさん
ジャッキーのパンやさん 作: あいはら ひろゆき
絵: あだち なみ

出版社: ブロンズ新社
イラストもさることながら お話もかわいくて くまの11匹のお兄ちゃん達の やさしさに癒されました。いたずらざかりの小さなくまの女の子が、まるで 自分の娘に思えて仕方がありません。また、いたずらに対して 起こってばかりいた私ですが、お兄ちゃんたちのやさしさを見習わないといけないと 反省しました。3歳になって やっと 家族以外の他人 お友達 お店の人などに興味をもちはじめ お友達と おもちゃの取り合いをしてみたり 自慢しあったり 少しずつ 世界が広がりつつあるなかで 人への思いやりが育まれるには ちょうど良い本だと思います。娘も とても 気に入って 何度も何度も持ってきます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵と文のバランスがちょうど良い  投稿日:2006/03/15
くまのプーさん/ちいさなともだち
くまのプーさん/ちいさなともだち 作: キャロライン・ケネス
絵: フィル オーティス ジョジー イー

出版社: 永岡書店
お話にも興味を持つようになったけど あまりにも1ページに対する文が多いと 次々ページをめくってしまい ちゃんと読ませてくれません。逆に文が少ないと 読んでる親が物足りない。でも この本は 100エーカーの森の中にいるような感覚で 子供 大人も満足に読める文の長さになっています。内容も 相手の事を思いやる気持ちの大切さ がダイレクトに書かれていて 子供にもとてもわかりやすく表現されていると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 最近よく口にしてるな・・・  投稿日:2006/03/14
いやだいやだ
いやだいやだ 作・絵: せな けいこ
出版社: 福音館書店
「いやだいやだ」 最近3歳になったばかりの娘の口癖です。これは さわっちゃ駄目よ 「いや〜」 もうおやつ終わりよ 「いや〜」もう ないの 「いや〜」・・・いやっていう選択肢はないはずなのに いやいやばかり言われてママもいやいや。イライラがつのるばかりでしたが この本を読んで ママもいやって気持ちを伝えてみようと思うようになりました。そして、実際 絵本の中のママのように 伝えてみると 娘も相手の気持ちを考えてくれるようになりつつあるようです。我慢するより もう3歳の子には わかりやすく伝えればいいんですね。 読んでみて なんだか 気持ちが楽になりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい るるる???  投稿日:2006/03/14
るるるるる
るるるるる 作・絵: 五味 太郎
出版社: 偕成社
わかりやすい絵と表現力に驚きました。文字が読めない子供でも 文字がまるで絵のように読み取れます。はじめは どう口に出してよんでいいのか よくわかりませんでしたが 心のままに 声にだしてみると 自分にすごく表現力がついたかのような読み聞かせができて 自身がつきます。
参考になりました。 0人

58件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット